[スポンサーリンク]

L

ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ギ酸を還元剤とする、アミンとカルボニル化合物を用いる還元的アミノ化反応。カルボニル化合物としてホルムアルデヒドを用いるアミンのメチル化反応は特にEschweiler-Clarke反応と呼ばれる。

 

基本文献

  • Leuckart, R. Ber. 1885, 18, 2341.
  • Wallach, O. Ann. 1892, 272, 99.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301
  • Lukasiewicz, A. Tetrahedron 1963, 19, 1789. doi:10.1016/S0040-4020(01)99253-1

 

反応機構

leuckart_wallach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  2. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimid…
  3. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …
  4. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  5. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  6. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupl…
  7. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…
  8. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授
  2. エリック・メガース Eric Meggers
  3. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroacetic Acid Palladium(II) Salt
  5. 石油・化学プラントのスマート保安推進に向けて官民アクションプランを策定
  6. リロイ・フッド Leroy E. Hood
  7. 未来のノーベル化学賞候補者(2)
  8. シュレンクフラスコ(Schlenk flask)
  9. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis
  10. アルゼンチン キプロス

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた

いまや有機反応の開発に欠かせなくなった可視光反応場。多くの化学論文誌で毎週必ずいくつかみるほどですね…

有機合成化学協会誌2021年2月号:デオキシプロピオナート構造・遠隔不斉誘導反応・還元的化学変換・海洋シアノバクテリア・光学活性キニーネ

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年2月号がオンライン公開されました。大…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP