[スポンサーリンク]

L

ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction

 

概要

ギ酸を還元剤とする、アミンとカルボニル化合物を用いる還元的アミノ化反応。カルボニル化合物としてホルムアルデヒドを用いるアミンのメチル化反応は特にEschweiler-Clarke反応と呼ばれる。

 

基本文献

  • Leuckart, R. Ber. 1885, 18, 2341.
  • Wallach, O. Ann. 1892, 272, 99.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301
  • Lukasiewicz, A. Tetrahedron 1963, 19, 1789. doi:10.1016/S0040-4020(01)99253-1

 

反応機構

leuckart_wallach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  2. ブレデレック試薬 Bredereck’s Reage…
  3. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  4. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephe…
  5. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  6. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene …
  7. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Rea…
  8. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Chem-Station 6周年へ
  2. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  3. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  4. 城戸 淳二 Junji Kido
  5. 拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法
  6. 個性あふれるTOC大集合!
  7. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline
  8. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発
  9. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  10. インタビューリンクー時任・中村教授、野依理事長

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP