[スポンサーリンク]

L

ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ギ酸を還元剤とする、アミンとカルボニル化合物を用いる還元的アミノ化反応。カルボニル化合物としてホルムアルデヒドを用いるアミンのメチル化反応は特にEschweiler-Clarke反応と呼ばれる。

 

基本文献

  • Leuckart, R. Ber. 1885, 18, 2341.
  • Wallach, O. Ann. 1892, 272, 99.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301
  • Lukasiewicz, A. Tetrahedron 1963, 19, 1789. doi:10.1016/S0040-4020(01)99253-1

 

反応機構

leuckart_wallach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemica…
  2. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
  3. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  4. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  5. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…
  6. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  7. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  8. 庄野酸化 Shono Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!
  2. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  3. ペイン転位 Payne Rearrangement
  4. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  5. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる
  6. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  7. 有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド
  8. 博士課程学生の経済事情
  9. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される
  10. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP