[スポンサーリンク]

L

ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ギ酸を還元剤とする、アミンとカルボニル化合物を用いる還元的アミノ化反応。カルボニル化合物としてホルムアルデヒドを用いるアミンのメチル化反応は特にEschweiler-Clarke反応と呼ばれる。

 

基本文献

  • Leuckart, R. Ber. 1885, 18, 2341.
  • Wallach, O. Ann. 1892, 272, 99.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301
  • Lukasiewicz, A. Tetrahedron 1963, 19, 1789. doi:10.1016/S0040-4020(01)99253-1

 

反応機構

leuckart_wallach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  2. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hyd…
  3. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet C…
  4. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent…
  5. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Brid…
  6. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclo…
  7. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke…
  8. マクマリーカップリング McMurry Coupling

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2017年10大化学ニュース
  2. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー後編
  3. なぜ傷ついたマジックマッシュルームは青くなるの?
  4. 地域の光る化学企業たち-1
  5. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  6. 会社説明会で鋭い質問をしよう
  7. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  8. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  9. Chemical Science誌 創刊!
  10. オリンピセン (olympicene)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP