[スポンサーリンク]

L

ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ギ酸を還元剤とする、アミンとカルボニル化合物を用いる還元的アミノ化反応。カルボニル化合物としてホルムアルデヒドを用いるアミンのメチル化反応は特にEschweiler-Clarke反応と呼ばれる。

 

基本文献

  • Leuckart, R. Ber. 1885, 18, 2341.
  • Wallach, O. Ann. 1892, 272, 99.
  • Moore, M. L. Org. React. 1949, 5, 301
  • Lukasiewicz, A. Tetrahedron 1963, 19, 1789. doi:10.1016/S0040-4020(01)99253-1

 

反応機構

leuckart_wallach_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective G…
  2. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effec…
  3. ネバー転位 Neber Rearrangement
  4. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  5. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  6. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quin…
  7. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephe…
  8. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発
  2. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(
  3. 「脱芳香族的二重官能基修飾化反応の研究」ーイリノイ大学David Sarlah研より
  4. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  5. メラトニン melatonin
  6. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  7. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発
  8. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却
  9. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表
  10. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

CRISPR(クリスパー)

CRISPRは、clustered regularly interspaced short pali…

緑膿菌の代謝産物をヒトの薬剤に

緑膿菌の代謝産物であるPseudomonas quinolone signal(PQS)を有機合成化…

有機合成化学協会誌2019年7月号:ジアステレオ選択的Joullié-Ugi三成分反応・(-)-L-755,807 の全合成・結晶中構造転移・酸素付加型反応・多孔性構造体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年7月号がオンライン公開されました。夏…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP