[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

カルボニル化合物およびヒドラジンから形成されるジイミンを経由して、対称型ピロールへと導く方法。

 

基本文献

 

反応機構

ジイミンの[3,3]シグマトロピー転位がキーステップ。Fischerインドール合成も参照。
piloty_robinson_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  2. グリニャール反応 Grignard Reaction
  3. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  4. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  5. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  6. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  7. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  8. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald-Hartwig Cross Coupling
  2. グローバルCOE審査結果
  3. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  4. ジボラン(diborane)
  5. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から
  6. 葉緑素だけが集積したナノシート
  7. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  8. ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜
  9. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~上級編~
  10. ショウリョウバッタが吐くアレについて

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP