[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

 

概要

カルボニル化合物およびヒドラジンから形成されるジイミンを経由して、対称型ピロールへと導く方法。

 

基本文献

 

反応機構

ジイミンの[3,3]シグマトロピー転位がキーステップ。Fischerインドール合成も参照。
piloty_robinson_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  2. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…
  3. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…
  4. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki G…
  5. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesi…
  6. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム…
  7. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective P…
  8. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reacti…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号
  2. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  3. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  4. 力をかけると塩酸が放出される高分子材料
  5. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  6. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編
  7. 有機化学クロスワードパズル
  8. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明
  9. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  10. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP