[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

 

概要

カルボニル化合物およびヒドラジンから形成されるジイミンを経由して、対称型ピロールへと導く方法。

 

基本文献

 

反応機構

ジイミンの[3,3]シグマトロピー転位がキーステップ。Fischerインドール合成も参照。
piloty_robinson_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective …
  2. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  3. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  4. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  5. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky…
  6. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Re…
  7. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjano…
  8. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  2. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis
  3. 秋の褒章2011-化学
  4. 女性科学者の卵を支援―「ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 募集中
  5. SelectfluorR
  6. パール・クノール チオフェン合成 Paal-Knorr Thiophene Synthesis
  7. アスタキサンチン (astaxanthin)
  8. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  9. あなたの合成ルートは理想的?
  10. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP