[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

カルボニル化合物およびヒドラジンから形成されるジイミンを経由して、対称型ピロールへと導く方法。

 

基本文献

 

反応機構

ジイミンの[3,3]シグマトロピー転位がキーステップ。Fischerインドール合成も参照。
piloty_robinson_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  2. エドマン分解 Edman Degradation
  3. ラロック インドール合成 Larock Indole Synth…
  4. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  5. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  6. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidati…
  7. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearra…
  8. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. iphone用サイトを作成
  2. 低分子医薬に代わり抗体医薬がトップに?
  3. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  4. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!
  5. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始
  6. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  7. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  8. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst
  9. 官営八幡製鐵所関連施設
  10. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP