[スポンサーリンク]

B

ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis

概要

α-ハロケトンとホルムアミド(もしくはウレア)から、置換オキサゾールを得る手法。ホルムアミドの代わりにチオアミドを用いると、チアゾールが得られる。

基本文献

 

開発の歴史

1962年にドイツの化学者Bredereckによって報告された。ホルムアミドとα-ジケトンを用いるとイミダゾールが、1,3-ジカルボニル化合物を用いるとピリミジンが得られる。

Hellmut Bredereck

Hellmut Bredereck

反応機構

bred_oxazole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  2. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synt…
  3. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synt…
  4. ベティ反応 Betti Reaction
  5. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  6. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  7. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  8. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diiodo-5,5-dimethylhydantoin
  2. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  3. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  4. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  5. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  6. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  7. 光薬理学 Photopharmacology
  8. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  9. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)
  10. 資生堂企業資料館

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP