[スポンサーリンク]

B

ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis

[スポンサーリンク]

概要

α-ハロケトンとホルムアミド(もしくはウレア)から、置換オキサゾールを得る手法。ホルムアミドの代わりにチオアミドを用いると、チアゾールが得られる。

基本文献

 

開発の歴史

1962年にドイツの化学者Bredereckによって報告された。ホルムアミドとα-ジケトンを用いるとイミダゾールが、1,3-ジカルボニル化合物を用いるとピリミジンが得られる。

Hellmut Bredereck

Hellmut Bredereck

反応機構

bred_oxazole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…
  2. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst
  3. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synt…
  4. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  5. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selec…
  6. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  7. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull …
  8. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  2. 有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!
  3. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に
  4. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  5. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  6. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  7. ブルック転位 Brook Rearrangement
  8. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  9. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto
  10. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP