[スポンサーリンク]


2010年 8月

  1. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana

    ロイ・A・ペリアナ(19x年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者、無機化学者である。スクリプスフロリダ研究所 教授。 (さらに…)…

  2. メソポーラスシリカ(1)

    近頃(昔から?)頻繁にJACSやAngewanteでも目にするようになったメソポーラス(mesopo…

  3. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

    クラウス・ミューレン (Klaus Müllen、1947年2月1日-)はドイツの材料化学者であ…

  4. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである

    第二回目は第一線で活躍している若手研究者として、筆者のボスである名古屋大学伊丹健一郎教授のインタビュ…

  5. (+)-マンザミンAの全合成

    Total Synthesis of (+)-Manzamine AToma,T…

  6. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva

  7. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授

  8. 中村 正治 Masaharu Nakamura

  9. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長

  10. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授

  11. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman

  12. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II) Acetate Dimer

  13. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ③「ポスト・イット アドバンス2」

  14. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポスト・イット アドバンス」

  15. デヴィッド・リー David A. Leigh

  16. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  2. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授
  3. ミック因子 (Myc factor)
  4. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  5. 毒劇アップデート
  6. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  7. ネオ元素周期表

注目情報

最新記事

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

PAGE TOP