[スポンサーリンク]

一般的な話題

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ③「ポスト・イット アドバンス2」

[スポンサーリンク]

さてさて前回に引き続いてフィーチャーアイテムは「付箋」です。もちろん大阪府知事選挙の略ではありません。

付箋を持ち運びたい人用の『付箋ホルダー』

付箋・・・持ち運ぶの大変ですとよ。75mm×75mmという『摩擦力∝ノリ面積』という物理原則を一身に背負えるほどの物品ならともかく、小さいのだとカバンの中で毎度自爆特攻して分解して止まないとです。ここまでチキン度に欠けるアイテムも身の回りにそうは無かとです。

そんな問題にお困りのあなたには、この『付 箋 ホ ル ダ ー』!!

ぱっぱらぱっぱーぱーぱーぱー♪ (←ドラえもんのひみつ道具BGM)

普通に便利なんでぜひウチの娘をどうぞよろしくお願いいたします。なんとこれだけで付箋がメモ帳に早変わり!(あれ?)

・・・別にメモ帳でいいジャマイカ、と感じたあなたは鋭い・・・いやでもプラモデルで育った現代っ子としてはやっぱ解体機能が特に大きな理由もなくほしいじゃないすか。 おまけにノリ付きですよ。最近話題の食べるラー油とともにおひとついかがですか。

小さいのはいったいどーなったの・・・だって?
だってだって・・・以前某人物が使ってんの見て、「コレ便利スギ!マジサイコウ!」って思えちったんだYOーーー!!!

まーこれ↓とか手帳に挟みこんでおけばそんでいんじゃねーの(棒読み)

 

ポスト・イットでTodo+GTD! 『テン・ミニッツ』

 

以前紹介した「今日やる必要なことを朝イチで紙に書き出す」って仕事術、これ今んところ最も効果的と思えてます。化学者的に。

「終りなき知的労働を効率よく進める」なんてムダにスゴそうな形容してたり、「GTD」とかいうグレートティーチャーよろしくなカコイイ単語をムリヤリ取ってつけて説明してるあたり、我ながらホントイケてますよね! 化学者的に。

やっぱビジネス書ばっか読んでないで、社会人たるものマンガも読まんとアカンですとよ。あ、ちなみにボクはマンガ大好きですよ?最近のだと『ハルシオン・ランチ』が狂っててサイコウですよね!化学者的に。

・・・ああ、ああ、すみません。[化学者]という単語をちょっとぐらいイントロに書いておかないとダメな気がしただけなんです。なんとなく。じっと手を見る。

さておき、この『テン・ミニッツ』は、”今日の見える化”をコンセプトに開発された文具品。


fusen_7.gif
(画像は公式サイトより)

使い方!? 見たまんまですよ・・・そこまでアフォーダンス低いですか、コレ?・・・え、『そもそもアフォーダンスって何?』ですって?・・・そんなの社会人としての必須教養ですが何か。どうしても知りたいならググ(略

さておき(←この接続詞を何度使ったことか)、心を砕いて針小棒大懇切丁寧百花繚乱に説明すると、

今日やることをひたすら付箋に書き出して、タイムラインボードにぺたぺた貼るだけ。さすれば今日のスケジュールが一目でわかるってすんぽー。所要時間に応じて付箋の大きさや色を使い分けられるよう工夫されてる優れモノ。とてもシンプルな発想ながら、効能バツグン。詰替え用も勿論あって、安心充実のアフターサービス。手帳タイプとデスク常駐タイプがあるんで、実務スタイルに合わせて使ってみればよかとですよ。

・・・ってアイテムなんです。

この説明でも何だかよくワカランって輩は居ないと信じたいです。ええ、こんだけ頑張った化学者的に(←こういう姿勢って仕分け対象なんでしょうね)。

ともかくまず自分で買って、机に置け!置きなさい!置かねばならない!そして使え!使いなさい!使わねばならない! (←圧迫三段活用=造語)

上の商品リンクから誰でもカンタンに3分もかからず買えますヨ? さあ、迷ってるならLet’s Try ! (そう、こういうサジェスチョンこそがブログで一番重要な内容だったりするのだ・・・)。

・・・というわけで終始謎テンションで通してしまった付箋文具レビュー。

次もテンション上げて頑張ってこーかな!ということを善処して前向きに検討したいと切に願いながら遺憾に思うものであります。

・・・いやさすがに疲れたんで今回はそんじゃねー(投げっぱなしジャーマン)。文具は楽し。

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る
  2. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成
  3. Org. Proc. Res. Devのススメ
  4. 同位体効果の解釈にはご注意を!
  5. 天然バナジウム化合物アマバジンの奇妙な冒険
  6. 産業界のニーズをいかにして感じとるか
  7. 有機合成化学協会誌2017年9月号:キラルケイ素・触媒反応・生体…
  8. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン
  2. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法
  3. パーキン反応 Perkin Reaction
  4. Wen-Jing Xiao
  5. Micro Flow Reactor ~革新反応器の世界~ (入門編)
  6. 結晶構造データは論文か?CSD Communicationsの公開
  7. Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission
  8. 米国の化学系ベンチャー企業について調査結果を発表
  9. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  10. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP