[スポンサーリンク]

一般的な話題

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポスト・イット アドバンス」

[スポンサーリンク]

さてさて前回より始まったばかりの、評判がどうたらとか全くもって太陽系の彼方、オフィス用品・文具類をレビューするコーナーであります。

誰にも相談せず強行しておいてなんですが、ここだけの話(←という前置きのぶっちゃけ話)、ブログのアイデンティティたるIT+化学になんら関係無いようにワタクシうすうす感じて・・・いやゲフンゲフン、そんなことないサ!

ともあれ連載コーナーのつもりなので、毎回なんかしら紹介せねばあかんとです。やってもーたコトの責任は取らねばならんとよ。

借りたものは返す!当然ですね。無理となれば銀行→消費者金融→闇金という負の黄金スパイラル突入。これこそがオトナの常識。

・・・しかしできればそんな目に会いたくはない。結局、責任のご利用は計画的に回避するのが、最善の姿勢なのだよ、分かるか我がムスコよ・・・「そーかそーか、また一つ賢くなったヨ!ありがとうパパ!昼間のパパはちょっと違うね!」

・・・はい、全く方向性の見えない謎テンションですが第二回開始であります!今回はなぜかずっとこんな感じです。Backボタンにマウスカーソルを置きながら読むこと推奨であります。

さてさて今回のフィーチャーアイテムは・・・


てーれってれー♪ (←ねるねるねるねのSE)

fusen_2.jpgポスト・イット―「付箋」です。

タイトルと冒頭画像で思いっきりネタバレしてたという、よくある斬新な構成ですね。

・・・親切心から申し添えておきます。

以下の長々と続く愚にもつかない文章を15字程度で要約してしまうと、なんと、

「おまいら付箋をベンリにつかおうゼ!」

となるようです、どうやら。

・・・・うん、まったくもって予想を裏切らない親切展開でありながらも□?△(放送禁止用語)ですね。

このままでは皆さんの時間をムダに奪うのは必至・・・しかしサービス精神あふれる(?)ボクとしては、そんな人災へと持って行きたくないのです。

つ-わけで(←ちゃぶ台返し接続詞)、今回はすこしばかりの発展形、『付箋をアップグレードする文具たち』をご紹介しましょう!(ようやく前置き終了)

 

縁の下の『ディスペンサー』

大きめ付箋愛好家、挙手!・・・はい、たくさんいますね。もちろん見えてなんかいませんけど・・・社会はそんなんでもちゃんと回ってるんで、いいんですよ別にそれぐらい適当でも。

これ、どうせ使うならむき出しで使うより、ディスペンサー式『くっつくタイプ』を使うこと激オススメであります!

壁とか机とかに両面テープで貼り付けられる仕様。もちろん詰換え用もあるんで、割高?なんて心配もまったく無用。消費税増税とCO2削減にも大変優しい現代的な仕様となっております(※この一文はフィクションです)。

 

さて使い方について。ここでなぜか『最近の個人的マイ・ブーム』とかいう、明らかに意味重複しまくりなフレーズが出てきたりするんですよね困ったことに。

「ディスペンサーを両面テープで机の裏側に貼りつけておく」って方式です。

なんでそんなんがマイ・ブーム?

―「えーとぉ、最初はぁ、軽い遊びのつもりだったんですよぉ。でもぉ、文具王・高畑正幸氏に触発、というか洗脳されちゃったんでぇ(当該記事)。」

オオソレミーヨ、なんと分かりやすい理由!世の中これぐらい単純だったらいいのに!「『マイ・ブーム』なんてのは所詮言ったもん勝ちだし、そんな話題を振ったところで聞き流されてオシマイ」ってのは真理ですよね。

ズレた何かをそのたび元に戻すプロセスが頻発して止まない判読困難な文章で申し訳ないすが、まー要するに、自分のデスクの裏側に貼ってポストイットを定置化しておけば、いちいちキョロる(←新造語だと思ったらGoogle検索で引っかかって萎え)必要なんてないし、猫の額より狭い日本の土地同様のデスクスペースを占有することもない!というワケ。ちょっとしたことなんだけど、いやこれ、意外なほど快適になるっスよ! さすが文具王、マジ崇拝であります! 付箋愛好家たちは一度お試しあれ。

fusen_1.jpg(この辺りに付箋ディスペンサーを貼り付ける。左手でとれる位置がお気に入り。)

・・・いろいろ書いてたら長くなってしまったのさ! 急遽二部構成になったのさ!だから次回に続くのさ! 計画性なくてスマンさ!

 

関連書籍

 

参考リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編
  2. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  3. 天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる…
  4. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらし…
  5. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  6. アズレンの蒼い旅路
  7. アニリン版クメン法
  8. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  2. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis
  3. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  4. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表
  5. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  6. カルボラン carborane
  7. 健康食品から未承認医薬成分
  8. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama reagent)
  9. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  10. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP