[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

中村 正治 Masaharu Nakamura

 

中村 正治(なかむら まさはる、1967年7月13日-)は、日本の有機化学者である。京都大学化学研究所 教授。

経歴

1991 東京理科大学 理学部応用化学科 卒業.
1996 東京工業大学大学院 理工学研究科 博士後期課程修了.
1996 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 助手.
1999-2000 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen教授)
2002 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 講師.
2004 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 助教授.
2006 京都大学化学研究所 教授

 

受賞歴

2001 日本化学会進歩賞受賞
2005 Banyu Young Chemist Award 2005
2005 有機合成化学協会研究企画賞
2006 Asian Core Program Lectureship Award (Hong Kong) 2006
2006 Asian Core Program Lectureship Award (China) 2006
2006 Banyu Young Chemist Award 2006

 

研究概要

鉄触媒を用いるクロスカップリング反応など、有機金属化学種をもちいた斬新な合成反応の開発に取り組んでいる。

Fe_suzuki_miyaura_1.gif

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クリストファー・チャン Christopher J. Chang…
  2. テオ・グレイ Theodore Gray
  3. 前田 浩 Hiro Maeda
  4. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  5. ジョージ・チャーチ George M. Church
  6. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  7. クラウス・ビーマン Klaus Biemann
  8. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Xantphos
  2. 日本化学会第86春季年会(2006)
  3. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric Acid
  4. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  5. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015
  6. マグネシウム Magnesium-にがりの成分から軽量化合物材料まで
  7. エルマンイミン Ellman’s Imine
  8. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授
  9. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  10. 加熱✕情熱!マイクロ波合成装置「ミューリアクター」四国計測工業

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP