[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

中村 正治 Masaharu Nakamura

[スポンサーリンク]

中村 正治(なかむら まさはる、1967年7月13日-)は、日本の有機化学者である。京都大学化学研究所 教授。

経歴

1991 東京理科大学 理学部応用化学科 卒業
1996 東京工業大学大学院 理工学研究科 博士後期課程修了
1996 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 助手
1999-2000 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen教授)
2002 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 講師
2004 東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 助教授
2006 京都大学化学研究所 教授

 

受賞歴

2001 日本化学会進歩賞受賞
2005 Banyu Young Chemist Award 2005
2005 有機合成化学協会研究企画賞
2006 Asian Core Program Lectureship Award (Hong Kong) 2006
2006 Asian Core Program Lectureship Award (China) 2006
2006 Banyu Young Chemist Award 2006
2017 日本化学会学術賞受賞
2019 有機合成化学協会企業冠賞(日産化学新反応新手法賞)

 

研究概要

“Toward the best synthesis for Better Society”をモットーとして、有機分子変換化学の探究と、もの・こと造りへの応用(=有機合成化学の真髄の追究)を通して、より良い社会の実現に取組んでします。
以下の三つのテーマを進めています。

  • 精密鐵触媒化学合成

鉄に代表される普遍金属元素の特性を活用する触媒反応の開発と、その反応を用いた生理活性物質や電子材料化合物の合成

鉄触媒を用いるクロスカップリング反応など、有機金属化学種をもちいた斬新な合成反応の開発に取り組んでいる。

Fe_suzuki_miyaura_1.gif

  • 超分子・超元素触媒創出

アミノ酸やペプチドがもつ高次・超分子構造を形成する性質や分子を認識する能力を利用した機能性金属錯体触媒、ならびに機能性金属ナノ粒子・クラスター触媒の創製

  • 森林化学産業創成

「森林×化学=未来」 再生可能な炭素資源である森林バイオマスを高度利用する木質分子変換反応の開発

コメント&その他

  • 研究室Webにて好きな言葉を紹介している

Banyu Young Chemist Award 2006

You should be the change that you want to see in the world.

Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

–Mohandas Karamchand “Mahatma” Gandhi–

  • トップの画像は、アファンの森で,森のねんど作家 みちやす さんの息子さん,成功(みちなり)くんに撮っていただいたそうです。
  • 所属である京都大学化学研究所のYoutubeチャンネルを開始して、探検おもしろサイエンスというコンテンツをはじめている。

名言集

 

関連動画

関連文献

“Iron-Catalyzed Cross-Coupling Reactions Tuned by Bulky ortho-Phenylene Bisphosphine Ligands”
Adak, L.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M. Bulletin of the Chemical Society of Japan, Advance Publication on the web January 22, 2021: https://doi.org/10.1246/bcsj.20200392

“Iron-Catalysed Enantioselective Suzuki–Miyaura Coupling of Racemic Alkyl Bromides”
Iwamoto, T.; Okuzono, C.; Adak, L.; Jin, M.; Nakamura, M. Chem. Commun., 2019, 55, 1128-1131: https://doi.org/10.1039/C8CC09523J

“Iron-Catalyzed Cross Coupling of Aryl Chlorides with Alkyl Grignard Reagents: Synthetic scope and FeII/FeIV mechanism supported by X-ray absorption spectroscopy and density functional theory calculation”
Agata, R.; Takaya, H.; Matsuda, H.; Nakatani, N.; Takeuchi, K.; Iwamoto, T.; Hatakeyama, T.; Nakamura, M. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019, 92, 381-390 : https://doi.org/10.1246/bcsj.20180333

“Robust Surface Plasmon Resonance Chips for Repetitive and Accurate Analysis of Lignin–Peptide Interactions”
Isozaki, K.; Shimoaka, T.; Oshiro, S.; Yamaguchi, A.; Pincella, F.; Ueno, R.; Hasegawa, T.; Watanabe, T.; Takaya, H.; Nakamura, M. ACS Omega 2018, 3, 7483-7493: https://doi.org/10.1021/acsomega.8b01161

“Iron-Catalyzed anti-Selective Carbosilylation of Internal Alkynes”
Iwamoto, T.; Nishikori, T.; Nakagawa, N.; Takaya, H.; Nakamura, M. Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 13298–13301:  https://doi.org/10.1002/anie.201706333

“Synthesis of Aryl C-Glycosides via Iron-Catalyzed Cross Coupling of Halosugars: Stereoselective Anomeric Arylation of Glycosyl Radicals”
Adak, L.; Kawamura, S.; Toma, G.; Takenaka, T.; Isozaki, K.; Takaya, H.; Orita, A.; Li, H. C.; Shing, T. K. M.; Nakamura, M. J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 10693-10701: https://doi.org/10.1021/jacs.7b03867

 “Iron-Catalyzed Enantioselective Cross-Coupling Reactions of α-Chloroesters with Aryl Grignard Reagents” 
Jin, M.; Adak, L.; Nakamura, M.  J. Am. Chem. Soc. 2015, 137, 7128–7134: https://doi.org/10.1021/jacs.5b02277

“Iron-Catalyzed Aromatic Amination for Nonsymmetrical Triarylamine Synthesis.”
Hatakeyama, T.; Imayoshi, R.; Yoshimoto, Y.; Ghorai, S. K.; Jin, M.; Takaya, H.; Norisue, K.; Sohrin, Y.; Nakamura, M.J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 20262 – 20265: https://doi.org/10.1021/ja309845k

“Iron-Catalyzed Cross-Coupling of Primary and Secondary Alkyl halide with Aryl Grignard Reagents” 
Nakamura, M.; Matsuo, K.; Ito, S.; Nakamura E.  J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 3686 – 3687: https://doi.org/10.1021/ja049744t

 “Iron-Catalyzed Olefin Carbometalation” 
Nakamura, M.; Hirai, A.; Nakamura, E.  J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 978 – 979: https://doi.org/10.1021/ja983066r

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  2. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  3. デイヴィット・ベイカー David Baker
  4. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…
  5. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  7. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  8. デイヴィッド・リウ David R. Liu

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー
  2. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣
  3. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界
  4. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表
  5. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  6. レビュー多すぎじゃね??
  7. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  8. START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE
  9. オルトメタル化 Directed Ortho Metalation
  10. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP