[スポンサーリンク]


2011年 11月

  1. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術

    講師        : 信州大学 大学院総合工学系研究科 生命機能・ファイバー工学専攻 繊維学部 化学・材料系 機能高分子課程(兼任) 准教授 工学博士 鈴木 正浩 氏【専門】超分子光化学日時        : 2011…

  2. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succinimidyl 4-Benzoylbenzoate

    (さらに…)…

  3. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授

    さて、第14回目は現在最も推薦者の多く(第2回伊丹健一郎教授、第5回浜地格教授、そして前回の第13回…

  4. タキサン類の全合成

      最近Nature Chemistry誌に公開された、Baranらによるタキサン類の全合成に…

  5. 仙台の高校生だって負けてません!

    Ag2O3 Clathrate is a Novel and E…

  6. 女性化学賞と私の歩み【世界化学年 女性化学賞受賞 特別イベント】

  7. 孫悟飯のお仕事は?

  8. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?

  9. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授

  10. 【書籍】理系のための口頭発表術

  11. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり ⑦:「はん蔵」でラクラク捺印の巻

  12. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~

  13. 近況報告PartI

  14. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

  15. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか

  16. マーティン・カープラス Martin Karplus

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  2. 【PR】Twitter、はじめました
  3. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)
  4. 第19回次世代を担う有機化学シンポジウム
  5. 沼田 圭司 Keiji Numata
  6. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2
  7. Cell Pressが化学のジャーナルを出版

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP