[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり ⑦:「はん蔵」でラクラク捺印の巻

[スポンサーリンク]

 

なんだかんだで日本社会では印鑑と言うものが必須で、書類にいちいち押さねばならないことが多くあります。(国立大学なんてのはその最たる場所です)

欧米だと手書きサインひとつで方がつくことが多く、さほど重要でない書面なら「署名をデジタル画像にして貼りつければOK」なケースさえあるのですが、これが日本だとどうでしょう。

電子メールに添付された書類をわざわざ印刷し、デスクの中を朱肉はどこだハンコはどこだと探し、送付も電子メールではダメで、わざわざ原本を郵送しなくてはいけない・・・時には「シャチハタ不可」な場合まで。加えて筆者は海外在住時に、某国内機関から頑なに捺印を要求された経験があります。郵送に日数が必要で速達送料も激高にも関わらず、再提出を余儀なくされて、締め切りに間に合わなかったことも幾度と無く。全く面倒きわまりない!

そんな現実に「こんなんeメールでいいじゃん、アホか!」と思いたくもなるというもの。最近では民間の配送業者でも受取ハンコを要求しなくなり、手書きサインでもOKな所が多くなったというのに・・・。えぇ、勿論、ちゃんとしたセキュリティを国ぐるみで追求してるのは嫌というほど分かっておりますよ、えぇ・・・

・・・まあ日本で仕事をする限り、仕方がないとこではあります。文句言っても始まらないので、少しでもストレスを軽減することを考えましょう。

いきなりネガティブ全開で申し訳ないですが、そんな「書類嫌い」な方にうってつけのアイテムが、この「はん蔵」なのです(笑)。

「はん蔵」は一言で形容するなら「印鑑ケース」なのですが、勿論そこらのケースとは違います。

まず見て分かるのは、ケースの蓋がそのまま朱肉になっている点。つまり常に朱肉が印面に触れた状態で収納されるので、いつでもさっとハンをおせるのです。

hanzo_3.jpgこの機能だけだと手が汚れそうですが、はん蔵の場合はケースから取り出すことなく、印を押すことができます。紙に押し付けてみるとメカニカルな機構がはたらき、朱肉ががっちゃんと横に開いて逸れます。そのまま印面が紙面に到達し、ハンコが押されます。

hanzo_2.gif要するに手持ちの印鑑をセットしておけば、シャチハタ同様に使えるという大変な優れもの。シャチハタ不可の書類もこれでOK!

紐付きストラップ型になっているので、フックへ引っ掛けておくなどしておけば探しまわる面倒もなくなります。それでいてお値段も500円程度という、信じられないリーズナブル価格!お買い得以外の何でもありません。

ちょっとした工夫に見えますが、想像以上に印鑑押しのストレスを減らしてくれます。朱肉+印鑑という二つを毎回用意しなくてはならないところを一つにまとめてくれるのですから。捺印時にどちらかが見当たらず探しまわった経験をお持ちの方は、利便性がご理解いただけることでしょう。

さて、なんでこんなものが知的労働を旨とする化学者のためのアイテム?と思うかもしれませんが、些細でどうでもいいことのストレス軽減は、快適な仕事環境を実現する上で実に重要なのですよ。「無駄なことをできる限りやらない=重要なことにリソースを集中投下できる」ということですからね。

まぁ今回はすこしばかり番外ですが・・・書き始めて数回にして早くも番外というのは、ネタ切れ以外の何でもないように見えなくもないですが(汗)・・・決してそんなことはありませんよ!今後もご期待ください(笑)。

(※画像は公式ページおよび関連ショップより転載)

 

関連商品

 

関連書籍

 

関連リンク

はん蔵 三菱鉛筆 公式ページ

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 天然バナジウム化合物アマバジンの奇妙な冒険
  2. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  3. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より
  4. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・K…
  5. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  6. とある化学者の海外研究生活:アメリカ就職編
  7. ベンゼン一つで緑色発光分子をつくる
  8. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  2. 異なる“かたち”が共存するキメラ型超分子コポリマーを造る
  3. Horner-Emmons 試薬
  4. 有機反応機構の書き方
  5. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  6. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov
  7. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  8. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)
  9. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  10. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP