[スポンサーリンク]

archives

2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-2-yltrimethylsilane

アルデヒド・ケトン類の一炭素増炭反応

Krohnらは,2-トリメチルシリル-1,3-ジチアンから誘導される1-オキシド体を用いたアルデヒド・ケトン類のカルボン酸への変換反応を報告しています。それによると,生成したケテンジチオアセタール中間体を酸性条件下,加水分解することにより,一炭素増炭したカルボン酸が良好な収率で得られます。一炭素増炭反応は有機合成において重要な変換反応のひとつであり,Krohnらの方法も他方面での応用が期待されています。

“2-(Trimethylsilyl)-1,3-dithiane 1-Oxide as a Convenient Reagent for the Transformation of Aldehydes and Ketones into Homologous Carboxylic Acids”

K. Krohn, S. C-Brandt, Synthesis 2010, 15, 2616. DOI: 10.1055/s-0029-1218820

Aldehydes and ketones were converted into the corresponding homologous carboxylic acids in two steps by treatment with 2-(trimethylsilyl)-1,3-dithiane 1-oxide. A modified Peterson olefination of the carbonyl compounds gave ketene thioacetal sulf­oxides that were readily cleaved in acidic acetonitrile to give the required carboxylic acids.

関連記事

  1. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  2. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  3. ケムステ国際版・中国語版始動!
  4. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  5. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  6. Gabriel試薬類縁体
  7. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  8. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  2. リンと窒素だけから成る芳香環
  3. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  4. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal
  5. 個性あるジャーナル表紙
  6. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  7. 『元素周期 ~萌えて覚える化学の基本~』がドラマCD化!!!
  8. NMR in Organometallic Chemistry
  9. 新しい量子化学 電子構造の理論入門
  10. 中村 修二 Shuji Nakamura

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP