[スポンサーリンク]


2012年 1月

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③

    「極限からの一手」コーナーでは筆者の独断と偏見に基づき、全合成における優れた問題解決とその発想を紹介してみたいと思います。困難に直面した全合成化学者がいかにして創造的発想からの解決に至ったか、それを追体験できるようなクイ…

  2. カルノシン酸 : Carnosic Acid

    (さらに…)…

  3. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!

    1月に発表されたWolf化学賞ですが、2012年はUniv. HarverdのCharles Lie…

  4. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活

    皆様大変長らくお待たせ致しました。前回のポストの続きです。今回は私達ヒトを含めたほ乳類のフェロモンを…

  5. NaHの水素原子の酸化数は?

    今年2012年のセンター試験でも酸化還元反応の問題が出ました。高校で習ういわゆる酸化数の話からちょっと脱線して、米国化学会誌(JACS)の論文より奇天烈な「NaH」を紹介します。

  6. シラフィン silaffin

  7. 目指せ!フェロモンでリア充生活

  8. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst

  9. タウリン捕まえた!カゴの中の鳥にパイ電子雲がタッチ

  10. アイディア創出のインセンティブ~KAKENデータベースの利用法

  11. モリブドプテリン (molybdopterin)

  12. で、その研究はなんの役に立つの?

  13. 天然物化学

  14. ビス(トリメチルアルミニウム)-1,4-ジアザビシクロ[2.2.2]オクタン付加物 : Bis(trimethylaluminum)-1,4-diazabicyclo[2.2.2]octane Adduct

  15. カイコが紡ぐクモの糸

  16. ケミカルバイオロジー chemical biology

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  2. Carl Boschの人生 その1
  3. カブトガニの血液が人類を救う
  4. MT-スルホン MT-Sulfone
  5. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal
  6. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  7. 脱離反応 Elimination Reaction

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

PAGE TOP