[スポンサーリンク]

一般的な話題

カイコが紡ぐクモの糸

[スポンサーリンク]

絹と言えばシルクのとしてもおなじみですが、絹糸は手術の縫合糸など他にもいろいろな場面で使われています。通気や透湿に優れ、肌とよくなじむことに加えて、細さの割に優れた強靭さが、絹糸の特徴です。

このように、ただでさえ十分な魅力を持った繊維である絹糸ですが、これを凌駕する新材料、クモの糸について、画期的な手法が開発[1]されたため、ここに紹介します。

しなやかで強靭なクモの糸

クモの糸は、クモの生活を支える命綱であり、きわだった機械特性を持ちます[2]。クモの糸を束ねて作った直径3ミリメートルのひもで、体重66キログラムのヒトをぶらさげることができると言いますから、ずいぶんタフな素材です。芥川龍之介蜘蛛の糸』に登場するカンダタが、もしこのことを聞いたら、きっと悔しがることでしょう。

強さだけではなく、クモの糸はしなやかさをあわせ持つ驚くべき素材です。強度の高い鉄鋼を使ってバイオリンは作れませんが、クモの糸を弦にしたバイオリンが試しに作られたことがあります。通常のガット弦の場合よりも、クモの糸を弦にしたバイオリンは、柔らかな音を奏でたそうです。

カイコの糸も、クモの糸も、アミノ酸配列が互いに似通ったフィブロインと呼ばれるタンパク質が、いくつもいくつもより合わさってできています。フィブロインタンパク質のアミノ酸配列は、グリシン・アラニン・セリンなど側鎖の小さいアミノ酸が8割以上を占めます。サイズの小さいアミノ酸が並ぶことで、よりあわさったフィブロインタンパク質は、結晶のような性質を持ちます。しなやかさだけではない強度の秘訣は、ここにあるとされます。

GREEN0142.png

材料の観点から、とても興味深いクモの糸ですが、案の定なかなか大量生産には向きません。クモを密集して育てようとすれば、お互いに共喰いしてしまいます。桑の葉を食べるカイコのように穏やかな気性を、クモは持ちません。クモの糸が魅力ある材料であっても応用が進まない理由はここにあります。

 

クモが育てられないならばカイコを育てればいい

クモからフィブロイン遺伝子をクローニングして、遺伝子導入の容易な大腸菌で発現させるという試みは、すでになされています[3]。大腸菌なので他にも遺伝子を導入して、代謝経路を改変し、フィブロインの原料となるアミノ酸を生合成しやすくすることも可能です[3]。しかし、進化の観点でクモから遠く離れ、まったく異なる生活をしてきた大腸菌だけあって、フィブロインタンパク質はバラバラで、カイコのように紡がれた状態では得られません。精製も面倒です。

そこで満を持してカイコの登場[1]です。クモのフィブロイン遺伝子を、カイコに導入します。

ショウジョウバエほどではありませんが、カイコは分子遺伝学的な研究がよく進んだ昆虫[4]であり、遺伝子導入技術も整備されています。大腸菌と異なり、カイコは、まゆを作るため、フィブロインを蓄える絹糸腺があります。のりの役割を持つセリシンタンパク質をはじめ、糸状にするために必要な物質も、しっかりこの器官にあります。

GREEN0143.PNG

遺伝子導入は期待通りに成功。上手くいっているかレポートするために入れ込んだ緑色蛍光タンパク質の輝きも確認されました。そして、カイコが紡いだクモの糸の機械特性を調べたところ、従来の絹糸よりも格段に強靭さが増していました。

新しい機能材料として、クモの糸が流通する日も近いかもしれません。

 

参考論文

[1] “Silkworms transformed with chimeric silkworm/spider silk genes spin composite silk ?bers with improved mechanical properties.” Florence Teule et al. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2012  DOI: 10.1073/pnas.1109420109

[2] “Spider silk as mechanical lifeline” Shigeyoshi Osaki Nature 1996  DOI: 10.1038/384419a0

[3] “Native-sized recombinant spider silk protein produced in metabolically engineered Escherichia coli results in a strong fiber” Xiao-Xia Xia et al. Proc. Natl, Acad. Sci. USA 2010  DOI: 10.1073/pnas.1003366107

[4] “Genome-wide identification of cuticular protein genes in the silkworm, Bombyx mori” Ryo Futahashi et al. Insect Biochem. Mol. Biol. 2008  DOI: 10.1016/j.ibmb.2008.05.007

 

関連書籍

 

Green

Green

投稿者の記事一覧

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. シリルエノールエーテルのβ位を選択的に官能基化する
  2. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への…
  3. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成
  4. 第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催しま…
  5. 計算化学者は見下されているのか? Part 1
  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質…
  7. 微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する
  8. 2010年日本化学会年会を楽しむ10の方法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編
  2. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教授
  3. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Trifluoromethylation
  4. 実験白衣を10種類試してみた
  5. 理系のための就活ガイド
  6. フラックス結晶育成法入門
  7. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  8. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  9. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟
  10. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP