[スポンサーリンク]

chemglossary

ケミカルバイオロジー chemical biology

ケミカルバイオロジー(chemical biology)とは、化学的手法を駆使して生命現象を解明することを目的とし、天然物化学、有機合成化学、核酸化学、薬理学、分析科学、そして分子生物学、構造生物学などの様々な学問領域を基盤として生まれた比較的新しい研究領域である。

19世紀頃から生化学者達が酵素や核酸、糖、脂質などを化学物質レベルで解明していき、そこに多くの物理学者が参入して分子生物学が誕生した。現在、その生化学や分子生物学に化学者が参入することで生まれたケミカルバイオロジー的研究が盛んに行われ、従来の分子遺伝学では困難であった生命機能解析を可能にし、新たな現象とメカニズムの発見に大きく貢献している。また、関連する研究領域として、より包括的なケミカルゲノミクス(chemical genomics)があり、こちらの研究も盛んである。

ケミカルバイオロジーは生命現象の解明のために使えるものならどんな手法でも取り入れる貪欲な学問である。そのため、人によって解釈や定義が異なることがあるが、おおよそは「核酸やタンパク質などの生体高分子と特異的に作用する化合物(バイオプローブ)を開発し、それら生体高分子の機能の解明を目指す学問」といえる。一般に生化学(biochemistry)は生命現象を出発点として、それらを構成する要素に分けて化学的に説明する学問であるため、ケミカルバイオロジーは生化学のスタートとゴールが逆転した相補的な学問という捉え方もできる。

今後、ケミカルバイオロジー的研究は未だ機能のわかっていない遺伝子やタンパク質、そしてターゲットがわかっていない生理活性物質などを対象にますます展開されていくと考えられている。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 蓄電池 Rechargeable Battery
  2. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial m…
  3. 真空ポンプ
  4. エピジェネティクス epigenetics
  5. 分子モーター Molecular Motor
  6. ビオチン標識 biotin label
  7. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  8. コールドスプレーイオン化質量分析法 Cold Spray Ion…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  2. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  3. メビウス芳香族性 Mobius aromacity
  4. フロー法で医薬品を精密合成
  5. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto
  6. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  7. パーキン反応 Perkin Reaction
  8. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  9. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  10. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP