[スポンサーリンク]

chemglossary

ケミカルバイオロジー chemical biology

ケミカルバイオロジー(chemical biology)とは、化学的手法を駆使して生命現象を解明することを目的とし、天然物化学、有機合成化学、核酸化学、薬理学、分析科学、そして分子生物学、構造生物学などの様々な学問領域を基盤として生まれた比較的新しい研究領域である。

19世紀頃から生化学者達が酵素や核酸、糖、脂質などを化学物質レベルで解明していき、そこに多くの物理学者が参入して分子生物学が誕生した。現在、その生化学や分子生物学に化学者が参入することで生まれたケミカルバイオロジー的研究が盛んに行われ、従来の分子遺伝学では困難であった生命機能解析を可能にし、新たな現象とメカニズムの発見に大きく貢献している。また、関連する研究領域として、より包括的なケミカルゲノミクス(chemical genomics)があり、こちらの研究も盛んである。

ケミカルバイオロジーは生命現象の解明のために使えるものならどんな手法でも取り入れる貪欲な学問である。そのため、人によって解釈や定義が異なることがあるが、おおよそは「核酸やタンパク質などの生体高分子と特異的に作用する化合物(バイオプローブ)を開発し、それら生体高分子の機能の解明を目指す学問」といえる。一般に生化学(biochemistry)は生命現象を出発点として、それらを構成する要素に分けて化学的に説明する学問であるため、ケミカルバイオロジーは生化学のスタートとゴールが逆転した相補的な学問という捉え方もできる。

今後、ケミカルバイオロジー的研究は未だ機能のわかっていない遺伝子やタンパク質、そしてターゲットがわかっていない生理活性物質などを対象にますます展開されていくと考えられている。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. メビウス芳香族性 Mobius aromacity
  2. アルカロイド alkaloid
  3. メソリティック開裂 mesolytic cleavage
  4. 元素戦略 Element Strategy
  5. フラストレイティド・ルイスペア Frustrated Lewis…
  6. ステープルペプチド Stapled Peptide
  7. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Base…
  8. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  2. 究極の黒を炭素材料で作る
  3. 有機触媒 / Organocatalyst
  4. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  5. MSH試薬 MSH reagent
  6. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  7. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  8. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発
  9. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  10. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP