[スポンサーリンク]


2013年 9月

  1. 鉄とヒ素から広がる夢の世界

    東工大の細野秀雄教授が2013年、トムソンロイター賞を受賞いたしました。受賞は物理学としてですが、酸化物は物理と化学の境界領域の一つで、ノーベル化学賞を受賞する可能性も十分にあります。そこで、細野先生の何がスゴイかを説明してみたいと思います…

  2. ヘリウム (helium; He)

    ヘリウムは単原子分子として存在する常温気体。沸点が最も低い。

  3. 二酸化炭素 (carbon dioxide)

    二酸化炭素は無色無臭の常温気体。石灰石の熱分解や、有機物の燃焼によって得られます。

  4. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)

    トリクロロアニソールは、ワインのブショネ臭の原因物質。カビ臭さとして嫌われています。

  5. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

    ペルフルオロデカリンは、かつて代替血液に使われていた物質。炭素10原子とフッ素18原子からなります。

  6. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

  7. 吉野 彰 Akira Yoshino

  8. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

  9. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013

  10. オーラノフィン (auranofin)

  11. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

  12. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版

  13. M.G.フィン M. G. Finn

  14. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

  15. こんな装置見たことない!化学エンジニアリングの発明品

  16. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハウアミンAのラージスケール合成
  2. 入江 正浩 Masahiro Irie
  3. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  4. アザジラクチン あざじらくちん azadirachtin
  5. 萩反射炉
  6. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  7. 第115回―「分子機械と天然物の化学合成」Ross Kelly教授

注目情報

最新記事

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

火力発電所排気ガスや空気から尿素誘導体の直接合成に成功

第339回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センタ…

CV測定器を使ってみた

「電気化学」と聞くと、難しい数式が出てきて何やらとっつきづらいというイメージがある人が多いと思います…

PAGE TOP