[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第35回安全工学シンポジウム


日本学術会議第35回安全工学シンポジウム


主催:日本学術会議


共催:安全工学会、化学工学会他


日時:2005年7 月7 日(木)、8 日(金)


場所:日本学術会議講堂


内容:「化学と21世紀の安全」 御園生 誠


    「安全安心のための社会技術」 東京大学大学院工学系研究科 教授 堀井秀之


(写真:日本学術会議HPより)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  2. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  3. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  4. 毒を持ったタコにご注意を
  5. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  6. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  7. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  8. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  2. えれめんトランプをやってみた
  3. シクロプロパンの数珠つなぎ
  4. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  5. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  6. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  7. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  8. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン
  9. 育て!燃料電池を担う子供たち
  10. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP