[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第35回安全工学シンポジウム


日本学術会議第35回安全工学シンポジウム


主催:日本学術会議


共催:安全工学会、化学工学会他


日時:2005年7 月7 日(木)、8 日(金)


場所:日本学術会議講堂


内容:「化学と21世紀の安全」 御園生 誠


    「安全安心のための社会技術」 東京大学大学院工学系研究科 教授 堀井秀之


(写真:日本学術会議HPより)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 170年前のワインの味を化学する
  2. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  3. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  4. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  5. 化学 2005年7月号
  6. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  7. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  8. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学生実験・いまむかし
  2. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  3. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  4. クラウス・ビーマン Klaus Biemann
  5. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明
  6. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  7. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Reaction
  8. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  9. 近況報告PartII
  10. 糖鎖合成化学は芸術か?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP