[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold

[スポンサーリンク]

アーノルド・L・レインゴールド (Arnold L. Rheingold、1940年10月6日-) は、アメリカの無機化学者である。カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授(写真:in-cites.com)。

 

経歴

1962 Case Western Reverse大学 学士号取得
1963 Case Western Reverse大学 修士号取得
1969 メリーランド大学 博士号取得
1969 バージニアポリテクニク 博士研究員
1970 ニューヨーク州立大学 Plattsburgh校 教授
1981 デラウエア大学 教授
2003 カリフォルニア大学サインディエゴ校 教授

 

受賞歴

2012 ACS Award for Distinguished Service in the Advancement of Inorganic Chemistry

 

研究

各種有機金属化合物に関する研究

気相クラスター合成

熱伝導材料

単結晶X線結晶構造解析

 

コメント&その他

トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第23位となっています。

 

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  2. 名古屋メダル―受賞者一覧
  3. 大村 智 Satoshi Omura
  4. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  5. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute…
  6. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  7. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  8. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  2. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation
  3. アルミニウムで水素分子を活性化する
  4. 無限の可能性を合成コンセプトで絞り込むーリアノドールの全合成ー
  5. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法
  6. 有機反応の仕組みと考え方
  7. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  8. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  9. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  10. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP