[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingold

アーノルド・L・レインゴールド (Arnold L. Rheingold、1940年10月6日-) は、アメリカの無機化学者である。カリフォルニア大学サンディエゴ校 教授(写真:in-cites.com)。

 

経歴

1962 Case Western Reverse大学 学士号取得
1963 Case Western Reverse大学 修士号取得
1969 メリーランド大学 博士号取得
1969 バージニアポリテクニク 博士研究員
1970 ニューヨーク州立大学 Plattsburgh校 教授
1981 デラウエア大学 教授
2003 カリフォルニア大学サインディエゴ校 教授

 

受賞歴

2012 ACS Award for Distinguished Service in the Advancement of Inorganic Chemistry

 

研究

各種有機金属化合物に関する研究

気相クラスター合成

熱伝導材料

単結晶X線結晶構造解析

 

コメント&その他

トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学領域での論文引用数は世界第23位となっています。

 

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  2. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  3. 小松紘一 Koichi Komatsu
  4. 森謙治 Kenji Mori
  5. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  6. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  7. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  8. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 八島栄次 Eiji Yashima
  2. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  3. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】
  4. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  5. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  6. 日本にノーベル賞が来る理由
  7. 大学院生のつぶやき:UCEEネット、ご存知ですか?
  8. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  9. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrrole Synthesis
  10. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP