[スポンサーリンク]

エネルギー化学

吉野 彰 Akira Yoshino

[スポンサーリンク]

吉野彰 (よしの あきら、1948年1月30日-)は日本の化学者である。旭化成フェロー(写真:朝日新聞)。「リチウムイオン電池の開発」の業績により、2019年のノーベル化学賞を受賞した。

経歴

1970 京都大学工学部 石油化学科卒業
1972 京都大学工学研究科 修士課程修了
1972 旭化成 入社
2003 旭化成 フェロー
2005 旭化成 吉野研究室 室長
2005 大阪大学大学院工学研究科 博士号取得
2017 名城大学大学院理工学研究科 教授

受賞歴

1999 日本化学会 化学技術賞
1999 Technical Award of Battery Division
2001 市村産業賞功績賞
2001 関東地方発明表彰文部科学大臣発明賞
2002 全国発明表彰文部科学大臣発明賞
2003 文部科学大臣賞 科学技術功労者
2004 紫綬褒章
2011 山崎禎一賞
2011 C&C賞
2012 日本化学会フェロー
2012 IEEE Medal for Environmental and Safety technologies
2013 The Global Energy Prizes
2013 加藤記念賞
2014 チャールズ・スターク・ドレイパー賞(The Charles Stark Draper Prize)
2018 日本国際賞
2018 中日文化賞
2019 欧州発明家賞
2019 ノーベル化学賞

研究概要

携帯電子デバイスに搭載されるリチウムイオン二次電池の発明者の一人。

lithium-ion battery.png

1985年吉野らは、正極にコバルト酸リチウム、負極に炭素材料を用いることでリチウムイオン二次電池の基本概念を確立した。この電池では、リチウムの金属化・ショートが防げるため、リチウム”イオン”電池と名付けられ、現代用いられる骨格が完成されるとともに実用化に大きく貢献した。

ノーベル財団プレスリリースより引用・改変

本業績により、John B. GoodenoughM. Stanley Whittinghamとともに2019年のノーベル化学賞を受賞した。

本業績

コメント&その他

  1.  2013年に吉野が受賞したThe Global Energy Prizeはエネルギー分野のノーベル賞と云われる。2002年にロシアで創設。
  2. The Global Energy Prizeの報奨金をエネルギー、環境、資源分野の研究活動の活性化のために有効に使いたいという思いから、日本化学会に寄附され、その基金を基に「吉野彰研究助成事業」が創設された。

名言集

  1. ほとんどの情報をインターネット上の論文などで取れるようになった時代には、勝負を決める要素はモチベーションになってくると思います。「生活のためにやらなければ」と必死で追いこんでくる世界中の研究者たちと同じ土俵にいる、ということについては、今後の日本人の産業研究者はかなり意識をするべきなのではないでしょうか。
  2. いまでこそ、リチウムイオン電池はたいていのバッテリーに使われていますけれど、1985年に開発した直後の市場における反応は「……で、うまくいくの?」と非常にクールなものでした。新製品なんてだいたいはそういうもので、基本的には「開発に5年、製品化に5年、認知に5年」とずいぶん時間がかかるものなんです。

関連動画

関連文献

  1. 「炭素材料が電池負極になるまで」 TANSO (1999) No.186 45-49 吉野彰
  2. リチウムイオン二次電池の開発と最近の技術動向」 日本化学会誌 (2000) No.8, 523-534 吉野彰, 大塚健司, 中島孝之, 小山章, 中條聡
  3. “Development of Lithium Ion Battery” Mol. Cryst. and Liq.Cryst., 2000, Vol.340, 425-429 Akira Yoshino
  4. “Development Process and the Latest Trend for Lithium-Ion Battery technology in Japan” Chinese Journal of Power Sources (2001) Vol. 25No.6, 416-422 Akira Yoshino
  5. “Cathode Properties of Phospho-Olivine LiMPO4 for Lithium Secondary Batteries” Journal of Power Sources 97-98 (2001) 430-432
    Shigeto Okada, Shoichiro Sawa, Minato Egashira, Jyun-ichi Yamaki, Mitsuharu Tabuchi, Hiroyuki Kageyama, Tokuzo Konishi, Akira Yoshino
  6. “Overview of Carbonaceous Materials for Lithium Ion Battery” Mol. Cryst. and Liq.Cryst., 2002, Vol.388, 575-579
    Akira Yoshino

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  2. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  3. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  4. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  5. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  6. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  7. 黒田チカ Chika Kuroda
  8. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  2. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ
  3. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  4. C70の中に水分子を閉じ込める
  5. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  6. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  7. 世界初の気体可塑性エラストマー!!
  8. NMRの基礎知識【測定・解析編】
  9. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida
  10. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会2018

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP