[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

[スポンサーリンク]

 

マイケル・スタンリー・ウィッティンガム (Michael Stanley Whittingham、1941年x月xx日-)は、アメリカの材料化学者である。ビンガムトン大学教授(写真:mse.zju.edu.cn)。

経歴

1964 オックスフォード大学 卒業
1967 オックスフォード大学 修士号取得
1968 オックスフォード大学 博士号取得
1968-1972 スタンフォード大学 博士研究員
1972-1984 Exxon Research & Engineering Company
1984-1988 Schlumberger
1988-現在 ビンガムトン大学 教授
2011-現在 Research Professor and Director NECCES EFRC, SUNY Stony Brook
2001-現在 Professor of Materials Science, Director Materials Science and Engineering Program
2012-現在 ニューヨーク州立大学 Distinguished Professor

 

受賞歴

1971 Young Author Award from the Electrochemical Society
2002 Battery Research Award
2004 Fellow of the Electrochemical Society
2007 Research Foundation Outstanding Research Award
2007 Chancellors Award for Excellence in Scholarship, SUNY
2010 American Chemical Society-NERM Award for Achievements in the Chemical Sciences
2010 GreentechMedia top 40 innovators for contributions to advancing green technology
2012 Yeager Award of the International Battery Association
2013 Fellow, Materials Research Society

 

研究概要

無機酸化物に関する研究

リチウムイオン二次電池に関する研究

インターカレーション電極の概念を打ち出した。

コメント&その他

240以上の原著論文を執筆、16の米国特許を取得。
名言

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  2. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhar…
  3. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  4. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  5. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  6. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  7. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  8. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する
  2. メソポーラスシリカ(1)
  3. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB
  4. サイエンスアゴラ2014総括
  5. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい
  6. 多彩な蛍光を発する単一分子有機化合物をつくる
  7. 小さなフッ素をどうつまむのか
  8. MIDAボロネートを活用した(-)-ペリジニンの全合成
  9. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  10. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP