[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

 

マイケル・スタンリー・ウィッティンガム (Michael Stanley Whittingham、1941年x月xx日-)は、アメリカの材料化学者である。ビンガムトン大学教授(写真:mse.zju.edu.cn)。

経歴

1964 オックスフォード大学 卒業
1967 オックスフォード大学 修士号取得
1968 オックスフォード大学 博士号取得
1968-1972 スタンフォード大学 博士研究員
1972-1984 Exxon Research & Engineering Company
1984-1988 Schlumberger
1988-現在 ビンガムトン大学 教授
2011-現在 Research Professor and Director NECCES EFRC, SUNY Stony Brook
2001-現在 Professor of Materials Science, Director Materials Science and Engineering Program
2012-現在 ニューヨーク州立大学 Distinguished Professor

 

受賞歴

1971 Young Author Award from the Electrochemical Society
2002 Battery Research Award
2004 Fellow of the Electrochemical Society
2007 Research Foundation Outstanding Research Award
2007 Chancellors Award for Excellence in Scholarship, SUNY
2010 American Chemical Society-NERM Award for Achievements in the Chemical Sciences
2010 GreentechMedia top 40 innovators for contributions to advancing green technology
2012 Yeager Award of the International Battery Association
2013 Fellow, Materials Research Society

 

研究概要

無機酸化物に関する研究

リチウムイオン二次電池に関する研究

インターカレーション電極の概念を打ち出した。

コメント&その他

240以上の原著論文を執筆、16の米国特許を取得。
名言

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 黒田チカ Chika Kuroda
  2. キース・ファニュー Keith Fagnou
  3. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr…
  4. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo
  5. スティーブン・ジマーマン Steven C. Zimmerman…
  6. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  7. ジェームス・ツアー James M. Tour
  8. アルバート・コットン Frank Albert Cotton

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャップマン転位 Chapman Rearrangement
  2. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  3. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  4. 新風を巻き起こそう!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2014
  5. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee
  6. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  7. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  8. 【PR】Twitter、はじめました
  9. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  10. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP