[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

 

マイケル・スタンリー・ウィッティンガム (Michael Stanley Whittingham、1941年x月xx日-)は、アメリカの材料化学者である。ビンガムトン大学教授(写真:mse.zju.edu.cn)。

経歴

1964 オックスフォード大学 卒業
1967 オックスフォード大学 修士号取得
1968 オックスフォード大学 博士号取得
1968-1972 スタンフォード大学 博士研究員
1972-1984 Exxon Research & Engineering Company
1984-1988 Schlumberger
1988-現在 ビンガムトン大学 教授
2011-現在 Research Professor and Director NECCES EFRC, SUNY Stony Brook
2001-現在 Professor of Materials Science, Director Materials Science and Engineering Program
2012-現在 ニューヨーク州立大学 Distinguished Professor

 

受賞歴

1971 Young Author Award from the Electrochemical Society
2002 Battery Research Award
2004 Fellow of the Electrochemical Society
2007 Research Foundation Outstanding Research Award
2007 Chancellors Award for Excellence in Scholarship, SUNY
2010 American Chemical Society-NERM Award for Achievements in the Chemical Sciences
2010 GreentechMedia top 40 innovators for contributions to advancing green technology
2012 Yeager Award of the International Battery Association
2013 Fellow, Materials Research Society

 

研究概要

無機酸化物に関する研究

リチウムイオン二次電池に関する研究

インターカレーション電極の概念を打ち出した。

コメント&その他

240以上の原著論文を執筆、16の米国特許を取得。
名言

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  2. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  3. 鈴木 章 Akira Suzuki
  4. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  6. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  7. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  8. ジョン・トーソン Jon S. Thorson

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  2. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  3. 日本薬学会第125年会
  4. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  5. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬
  6. 標準物質ーChemical Times特集より
  7. フィリピン海溝
  8. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  9. 研究助成金を獲得する秘訣
  10. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP