[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ユニバーサル・フェーズセパレーター発売

全ての疎水性有機溶媒で使用できる液液抽出用2相分離カラム、ユニバーサル・フェーズセパレーターの新発売をご案内しています。<Biotage Newsletter 第73号:2012年11月22日

 

フェーズセパレーター濾過とは、發水性を持たせた樹脂/ろ紙等を用いて濾過をする事により、水相を残渣、有機相をろ液として分別する方法です。パラレルコンビ合成の後処理時に(多くのバッチそれぞれに分液を行うのは長時間を要してしまうため)分液操作の代替としてフェーズセパレーター濾過が頻繁に用いられます。

フィルターが撥水性を持つとはいえ濾過の推進力は重力なので、これまでのフェーズセパレーター濾過では有機相が下層にくる事が必須となり、抽出溶媒として用いられるのは(実質上)塩化メチレンのみでした。[ 欠点として、塩化メチレン使用量の増加、DMFなどの分離がしにくい、水相比重が大きいと分離不十分となる 等があります]

今回発売になったバイオタージ社「ユニバーサル・フェーズセパレーター」は全ての疎水性有機溶媒が使える、すなわち有機相が上層でも下層でも濾過できる!というのを聞いて、正直「??」でした。いったいどんなマジックが?あるいは新技術があったの?

 …HPを見て、納得しました。なるほど、単純明快、逆転の発想ですね。

これを使えば、トルエンや酢酸エチルでもフェーズセパレーター濾過で後処理できるので、早速試してみたいと思います

 

参考サイト

 

関連記事

  1. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  2. 化学オリンピック:日本は金2銀2
  3. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  4. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  5. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  6. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  7. 経営統合のJXTGホールディングスが始動
  8. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (R,R)-DIPAMP
  2. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  3. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie
  4. 孫悟飯のお仕事は?
  5. グリニャール反応 Grignard Reaction
  6. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?
  7. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製
  8. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応
  9. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  10. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP