[スポンサーリンク]


2014年 9月

  1. サン・タン San H. Thang

    サン・H・タン(San H. Thang、1954年8月28日(ベトナム)-)は、オーストラリアの高分子化学者である(写真:Monash University)。オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO) 研究員。経歴19…

  2. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization

    概要可逆的付加-開裂連鎖移動重合(Reversible Addition-Fragmentati…

  3. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

    黒田 一幸(くろだ かずゆき、19xx年xx月xx日-)は日本の材料化学者である。早稲田大学理工学部…

  4. 寺崎 治 Osamu Terasaki

    寺崎 治 (てらさき おさむ、19xx年xx月xx日-)はスウェーデン在住の日本人化学者である。スト…

  5. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

    稲垣 伸二 (いながき しんじ、19xx年xx月xx日-)は日本の材料化学者である。…

  6. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

  7. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  8. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  9. 劉 龍 Ryong Ryoo

  10. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

  11. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー

  12. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収

  13. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー

  14. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動

  15. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー

  16. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成
  2. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発
  3. 相田 卓三 Takuzo Aida
  4. ネイティブスピーカーも納得する技術英語表現
  5. カルコゲン結合でロジウム二核錯体の構造を制御する!
  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  7. 20年新卒の志望業界ランキング、化学は総合3位にランクイン

注目情報

最新記事

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

PAGE TOP