[スポンサーリンク]


2014年 9月

  1. サン・タン San H. Thang

    サン・H・タン(San H. Thang、1954年8月28日(ベトナム)-)は、オーストラリアの高分子化学者である(写真:Monash University)。オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO) 研究員。経歴19…

  2. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization

    概要可逆的付加-開裂連鎖移動重合(Reversible Addition-Fragmentati…

  3. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

    黒田 一幸(くろだ かずゆき、19xx年xx月xx日-)は日本の材料化学者である。早稲田大学理工学部…

  4. 寺崎 治 Osamu Terasaki

    寺崎 治 (てらさき おさむ、19xx年xx月xx日-)はスウェーデン在住の日本人化学者である。スト…

  5. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

    稲垣 伸二 (いながき しんじ、19xx年xx月xx日-)は日本の材料化学者である。…

  6. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

  7. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  8. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  9. 劉 龍 Ryong Ryoo

  10. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

  11. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー

  12. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収

  13. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー

  14. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動

  15. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー

  16. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学工業で活躍する有機電解合成
  2. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  3. クルクミン /curcumin
  4. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  5. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  6. 第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授
  7. ペロブスカイト太陽電池の学理と技術: カーボンニュートラルを担う国産グリーンテクノロジー (CSJカレントレビュー: 48)

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP