[スポンサーリンク]


2014年 9月

  1. サン・タン San H. Thang

    サン・H・タン(San H. Thang、1954年8月28日(ベトナム)-)は、オーストラリアの高分子化学者である(写真:Monash University)。オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO) 研究員。経歴19…

  2. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization

    概要可逆的付加-開裂連鎖移動重合(Reversible Addition-Fragmentati…

  3. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

    黒田 一幸(くろだ かずゆき、19xx年xx月xx日-)は日本の材料化学者である。早稲田大学理工学部…

  4. 寺崎 治 Osamu Terasaki

    寺崎 治 (てらさき おさむ、19xx年xx月xx日-)はスウェーデン在住の日本人化学者である。スト…

  5. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

    稲垣 伸二 (いながき しんじ、19xx年xx月xx日-)は日本の材料化学者である。…

  6. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

  7. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  8. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  9. 劉 龍 Ryong Ryoo

  10. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

  11. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー

  12. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収

  13. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー

  14. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動

  15. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー

  16. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  2. Carl Boschの人生 その6
  3. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2
  4. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  5. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  6. 窒素固定をめぐって-1
  7. 製薬会社5年後の行方

注目情報

最新記事

小山 靖人 Yasuhito Koyama

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

ポンコツ博士の海外奮闘録XIV ~博士,釣りをする~

シリーズ累計20話!!タイトルの○数字がなくなりました。節々の回は出来る限り実験ネタや個人的なグッと…

定型抗精神病薬 「ピモジド」の化学修飾により新規難治性疼痛治療薬として極めて有望な化合物の創製に成功

第445回のスポットライトリサーチは、近畿大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 病態薬理学研究室の笠波 …

【好評につきリピート開催】マイクロ波プロセスのスケールアップ〜動画で実証設備を紹介!〜 ケミカルリサイクル、乾燥炉、ペプチド固相合成、エステル交換、凍結乾燥など

<内容>マイクロ波プロセスのスケールアップがどのように実現されるか、実証設備の動画も交えてご紹介…

三井化学、DXによる企業変革の成果を動画で公開

三井化学株式会社は、常務執行役員 CDO 三瓶 雅夫による、三井化学グループ全社でのDX推進の取り組…

PAGE TOP