[スポンサーリンク]


2014年 9月

  1. サン・タン San H. Thang

    サン・H・タン(San H. Thang、1954年8月28日(ベトナム)-)は、オーストラリアの高分子化学者である(写真:Monash University)。オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO) 研究員。経歴19…

  2. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization

    概要可逆的付加-開裂連鎖移動重合(Reversible Addition-Fragmentati…

  3. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda

    黒田 一幸(くろだ かずゆき、19xx年xx月xx日-)は日本の材料化学者である。早稲田大学理工学部…

  4. 寺崎 治 Osamu Terasaki

    寺崎 治 (てらさき おさむ、19xx年xx月xx日-)はスウェーデン在住の日本人化学者である。スト…

  5. 稲垣伸二 Shinji Inagaki

    稲垣 伸二 (いながき しんじ、19xx年xx月xx日-)は日本の材料化学者である。…

  6. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

  7. ジョージ・クラフォード M. George Craford

  8. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky

  9. 劉 龍 Ryong Ryoo

  10. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge

  11. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー

  12. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収

  13. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー

  14. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動

  15. ChemDrawの開発秘話〜SciFinder連携機能レビュー

  16. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Medical Gases: Production, Applications, and Safety
  2. アルミニウムで水素分子を活性化する
  3. 第36回「光で羽ばたく分子を活かした新技術の創出」齊藤尚平 准教授
  4. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールのカップリング反応
  5. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発
  6. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  7. マテリアルズ・インフォマティクス新春座談会 -二刀流で進める素材開発 実験と計算科学-

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

PAGE TOP