[スポンサーリンク]

一般的な話題

“マイクロプラスチック”が海をただよう その2

さて、マイクロプラスチックの悪影響の続き。まだまだこんなものではなさそうなのです(画像:UW Today)。

Tshozoです。

前回の続き。物理的に呑み込んでも面倒なマイクロプラスチック。化学的にはどんな悪影響が懸念されるのでしょうか。

 

悪影響の詳細-その2

前回の記事で、物理的に腹に詰まる、ということを書きました。これは詰まらんくて喰った後に排出された後の話。ただよってる間に、一杯有害物質をくっつけてしまうようなのです。

その代表例がPCB(ポリ塩化ビフェニル) →  。 これは相当に非常に毒性の高い材料(油系)で昔よく絶縁油等に使われてたのですが、こうしたマイクロプラスチック(油系)にはかなり親和性がよいのか、吸着しやすいみたいなのです。下の図はそれが世界中に存在するということを示すものです。分量は樹脂ペレット1gあたりngレベルとまぁ非常に少ないのですが、PCB「だけ」でこれだけあるんですから、他のものも併せるとどうなることやら。都市 沿岸部を中心に発生しており空恐ろしくなります。

PW_08.png単位はng/1gペレット こちらより引用(元論文) → 

PW_10.pngちなみに樹脂ペレットはこんな感じのもの これを溶かして成形したりイロイロする

 そして、これが一過性でない。下記の図は、人間の寿命に対してこうしたプラスチック類がいかに長く存在するか、ということを示したものです。つまりこの間マイクロプラスチックはいろんな面倒なものを吸着しつつ、小さく壊れてまたさらに表面積が増えて色々吸着して・・・というように何年もへたすりゃ何百年もグルグル世界中を旅することになります。海底にも堆積しているという報告もあり、実は凄まじい量が既に世界中に出ているんではという気がしています。

PW_11.png如何に長くプラ類等が海洋中で存在するかを示す非常にわかりやすい図
こちらより筆者が加筆して引用 → 

 加えて世に回ってるのはポリプロピレンのような汎用性プラスチックだけではなく、「超耐熱」とか「超耐久」とかいう、いわゆるエンジニアリングプラスチックも存在します。こいつはまたさらに分解されにくく、いっそのこと「リサイクルも面倒なので全部燃やしてしまえ」、という暴論すら結構妥当なのではないかという気にすらなります。

PW_13.pngエンプラ類の分子構造
使用状況にもよるが、
ポリエチレン等よりもずっと強靭で分解されにくい

どう防ぐか

化学に携わっているものとして商売に差し障りがあるのであんまり言ってはならんことかもしれませんが、

使わない、使うにしても最小限にする、漏れ出させない

が基本かと。なお今回のように「漏れ出した」プラスチック分は回収しなくちゃいかんのですが、誰がどの負担でやるねん、ということはルールにすらなってません。要はお互い様なのですが、今のところ捨てたもん勝ち。おかしいですね。WTOとかのおカネにからむような話はガンガン進めるのに。こういう国家間で発生する廃棄物の「輸出」も本気で国家間の枠組みを作って責任を応分してやらないと、近いうちにリョコウバトの悲劇のような事象が起こらないとも限りません。というか、起きてるかもしれません。危機を煽るつもりはありませんがこの点に関してはオオカミ少年になっても少なくとも悪い方にはいかない気がしています。

PW_12.jpgアメリカリョコウバト 20世紀の初頭に絶滅
かつては数億羽いたと言われる

 なお作ったもん(化学会社)が最後まで責任を持て、という意見を見たことがありますが、それもあまりにも極端な気がします。もしそれをやるとするといろんなものの価格が凄まじく高騰するんじゃないでしょう。もちろん生産者の自発的な取組みとして、そういう仕組みはある程度必要だと思いますが、全部その責任を生産者に押し付けるというのは「消費者の暴力」ではないかという印象すら受けます。互いに応分の負担をしながら被害を最小限に食い止める、それがあるべき形だと思います。

ともかく根本的な解決は出来なくとも、日々の行動と仕事を規律することはできるはず。ものぐさな筆者ですが、それくらいは最大限試みたいものです。

それでは今回はこんなところで。

 

参考文献

元記事 ”Tiny plastic dwellers have big impact on our oceans” → 

“Algalita Marine Research Institute” → ●
UNEP報告書 2011年度 ”Plastic debris in the ocean” → 
Maria Gorycka “ENVIRONMENTAL RISKS OF MICROPLASTICS” → 
“Unrecognised Pollutant Risks to the Great Barrier Reef” →
“Plastic Debris in the California Marine Ecosystem” → 
“Macroplastics, microplastics and environmental impacts” Amsterdam University → 
“Concentrations of PCBs in beached plastic pellets” Teuten et al. (2009) → 
“Microplastics in Facial Exfoliating Cleansers” → 

The following two tabs change content below.
Tshozo

Tshozo

メーカ開発経験者(電気)。54歳。コンピュータを電算機と呼ぶ程度の老人。クラウジウスの論文から化学の世界に入る。ショーペンハウアーが嫌い。

関連記事

  1. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  2. 表裏二面性をもつ「ヤヌス型分子」の合成
  3. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!
  4. マルチディスプレイを活用していますか?
  5. ピリジン-ホウ素ラジカルの合成的応用
  6. Skype英会話の勧め
  7. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  8. 中国へ講演旅行へいってきました①

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  2. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  3. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement
  4. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effect
  5. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gabriel Oxazole Synthesis
  6. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  7. グローバルCOE審査結果
  8. 2009年イグノーベル賞決定!
  9. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian
  10. 藤嶋 昭 Akira Fujishima

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP