[スポンサーリンク]

ケムステニュース

2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学

[スポンサーリンク]

 

 弊社(パテント・リザルト社)はこのほど、独自に分類した化学業界の企業を対象に、2012年の特許審査過程で他社特許の拒絶理由通知に引用された件数を企業別に集計した「化学業界 被引用特許件数ランキング2012」をまとめました(注1)。この集計により、直近の技術開発において各社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。

集計の結果、2012年に最も引用された企業は、富士フイルムホールディングスの6,002件、次いで三菱化学の2,051件、積水化学の1,888件となりました。

引用:パテント・リザルト社 (http://www.patentresult.co.jp/news/2013/01/chemical.html )

 

 

2012年の化学分野での被引用特許件数のランキングが発表され、富士フイルムホールディングスが2位三菱化学と約3倍をつけ1位になった。

富士フィルムの特許のキーワードは

「インクジェット」「フォトリソグラフィ」「デジタルカメラ」「液晶」「有機EL」

ということで、内容はカメラに関する技術もののが主力となっている。他に液晶や有機ELなど化学に密接に関わる商品でも強いようである。 3位の積水化学は会社の規模と比べて検討していて、建築に使われる材料などで存在感を示しているようである。

 

関連書籍

 

やすたか

投稿者の記事一覧

米国で博士課程学生

関連記事

  1. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  2. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  3. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  4. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  5. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発…
  6. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  7. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  8. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミンの新合成法
  2. UV-Visスペクトルの楽しみ方
  3. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化
  4. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  5. 揮発した有機化合物はどこへ?
  6. Macユーザに朗報?ChemDrawバージョンアップ
  7. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  8. ハウアミンAのラージスケール合成
  9. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用
  10. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP