[スポンサーリンク]


2016年 5月

  1. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法

    プログラム通りにモノマーを組み合わせてポリマーを合成する方法の開発は、合成化学分野における究極の目標の一つです。その実現を目指したひとつのアプローチとして、生体を模倣した合成法が試されています。例えば、生体内でリボソーム…

  2. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」

    第35回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院先端生命科学研究院の野々山貴行 特任助教にお願い…

  3. サントリー白州蒸溜所

    サントリー白州蒸溜所は、サントリーホールディングス株式会社のウイスキー製造拠点である。ウイスキーだけ…

  4. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤

    警察などによりますと、19日午前11時半ごろ、つくばエクスプレスつくば駅の男性トイレに白い粉がまかれ…

  5. 反応中間体の追跡から新反応をみつける

    従来、反応開発は基質や触媒、反応条件を変えたときの生成物の「収率の変化」を追跡することで行われてきた…

  6. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう

  7. カンブリア爆発の謎に新展開

  8. グサリときた言葉

  9. スタチンのふるさとを訪ねて

  10. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見

  11. 単結合を極める

  12. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表

  13. リチウムイオン電池のはなし~1~

  14. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き

  15. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始

  16. 逐次的ラジカル重合によるモノマー配列制御法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  2. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  3. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表
  4. クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis
  5. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』
  6. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  7. クメン法 Cumene Process

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP