[スポンサーリンク]

O

芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds

[スポンサーリンク]

 

概要

芳香族メチル基の酸化は、芳香族カルボン酸の一般的合成法のひとつである。
酸化剤としては、KMnO4、Na2Cr2O7/H+、PbO2/OH、などが用いられる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

ArMe_oxidation_2.gif

原料(1.7g、10mmol)を過マンガン酸カリウム(1.8g、11mmol)の水(20mL)溶液と混合し、加熱還流する。溶液の色が消失したらさらに過マンガン酸カリウム(1.5g、9.5mmol)の水(10mL)溶液を加え、さらに加熱還流する。セライト濾過後、水相をエーテルで洗浄し、3M塩酸で弱酸性(pH5)にし、沈殿物を濾取して減圧乾燥し、生成物を固体として得る(収率56%)。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Rebstock, A.-S. et al. Tetrahedron 200359, 4973. doi:10.1016/S0040-4020(03)00761-0

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. MSH試薬 MSH reagent
  2. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (Ru…
  3. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent
  4. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Azir…
  5. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  6. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  7. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  8. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  2. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization
  3. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥
  5. 立春の卵
  6. 抗生物質
  7. 2007年10大化学ニュース
  8. 化学の力で迷路を解く!
  9. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー
  10. 薬学部6年制の現状と未来

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP