[スポンサーリンク]

O

芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds

[スポンサーリンク]

 

概要

芳香族メチル基の酸化は、芳香族カルボン酸の一般的合成法のひとつである。
酸化剤としては、KMnO4、Na2Cr2O7/H+、PbO2/OH、などが用いられる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

ArMe_oxidation_2.gif

原料(1.7g、10mmol)を過マンガン酸カリウム(1.8g、11mmol)の水(20mL)溶液と混合し、加熱還流する。溶液の色が消失したらさらに過マンガン酸カリウム(1.5g、9.5mmol)の水(10mL)溶液を加え、さらに加熱還流する。セライト濾過後、水相をエーテルで洗浄し、3M塩酸で弱酸性(pH5)にし、沈殿物を濾取して減圧乾燥し、生成物を固体として得る(収率56%)。

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Rebstock, A.-S. et al. Tetrahedron 200359, 4973. doi:10.1016/S0040-4020(03)00761-0

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  2. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 H…
  3. MAC試薬 MAC Reagent
  4. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack R…
  5. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction
  6. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Pro…
  7. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hil…
  8. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー
  2. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  3. ワークアップの悪夢
  4. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion
  5. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Prozac)
  6. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成
  7. 癸巳の年、世紀の大発見
  8. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業機会【終了】
  9. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  10. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP