[スポンサーリンク]

H

ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

1,2-ジカルボニル化合物とチオジ酢酸エステルの脱水縮合によりチオフェンを得る方法。

基本文献

  • Hinsberg, O. Ber. 1910,43, 901.
  • Wolf, D. E.; Folkers, K. Org. React. 19516, 435.
  • Wynberg, H.; Kooreman, H. J. J. Am. Chem. Soc. 196587, 1739. DOI: 10.1021/ja01086a022

 

反応機構

hinsberg_thiophene_4.gif

反応例

類似の考え方は、ピロール合成やフラン合成にも応用できる。
hinsberg_thiophene_3.gif
hinsberg_thiophene_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. リッター反応 Ritter Reaction
  2. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  3. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  4. クラブトリー触媒 Crabtree’s Cataly…
  5. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole…
  6. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  7. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  8. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rear…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 嗚呼、美しい高分子の世界
  2. 準結晶的なナノパーティクルスーパーラティス
  3. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  4. 秋の褒章2011-化学
  5. 銀を使ってリンをいれる
  6. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  7. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  8. 目が見えるようになる薬
  9. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  10. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP