[スポンサーリンク]

H

ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

1,2-ジカルボニル化合物とチオジ酢酸エステルの脱水縮合によりチオフェンを得る方法。

基本文献

  • Hinsberg, O. Ber. 1910,43, 901.
  • Wolf, D. E.; Folkers, K. Org. React. 19516, 435.
  • Wynberg, H.; Kooreman, H. J. J. Am. Chem. Soc. 196587, 1739. DOI: 10.1021/ja01086a022

 

反応機構

hinsberg_thiophene_4.gif

反応例

類似の考え方は、ピロール合成やフラン合成にも応用できる。
hinsberg_thiophene_3.gif
hinsberg_thiophene_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether s…
  2. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol O…
  3. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurizatio…
  4. フリース転位 Fries Rearrangment
  5. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  6. エッシェンモーザー・タナベ開裂反応 Eschenmoser-Ta…
  7. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  8. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  2. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授
  3. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  4. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  5. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–
  6. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略
  7. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』
  8. ナノの世界に朗報?!-コラニュレンのkg合成-
  9. 産業紙閲覧のすゝめ
  10. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP