[スポンサーリンク]


2018年 10月

  1. 潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性XXドーム」が開発されている

    避妊や性感染症予防に有効な「XXドーム」は、装着したときの感覚が非常に重要です。その中でも「滑りやすさ」をもたせることは特に重要な要素となるのですが、潤滑剤を塗布しなくても潤滑性を生み出す表面構造をもった「self-lubricating …

  2. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成

    キラルなルイス酸触媒を用いた新規シクロブタノン不斉合成法が開発された。高いジアステレオ/エナンチオ選…

  3. 分子1つがレバースイッチとして働いた!

    第167回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(杉本研究室) ・塩足 …

  4. ニンニクの主要成分を人工的につくる

    ニンニクの主要成分であるアホエンの新規全合成が達成された。酸化条件でオレフィンとスルホキシドを一挙に…

  5. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

    アリル位の新しいC–Hカップリングが報告された。Cp*Rh(Ⅲ)錯体を用いた脱水素型クロスカップリン…

  6. 研究者のためのCG作成術②(VESTA編)

  7. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました

  8. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

  9. 有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

  10. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

  11. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

  12. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

  13. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

  14. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

  15. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

  16. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ
  2. ジェイ・キースリング Jay Keasling
  3. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  4. 未来の化学者たちに夢を
  5. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  6. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  7. 分子内ラジカル環化 Intramolecular Radical Cyclization

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

PAGE TOP