[スポンサーリンク]

ケムステニュース

潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性XXドーム」が開発されている

[スポンサーリンク]

避妊や性感染症予防に有効な「XXドーム」は、装着したときの感覚が非常に重要です。その中でも「滑りやすさ」をもたせることは特に重要な要素となるのですが、潤滑剤を塗布しなくても潤滑性を生み出す表面構造をもった「self-lubricating condom(自己潤滑性XXドーム)」が研究・開発されています。(引用:Gigazine 10月24日)

XXドームの多くはラテックスでできていますが、使用時の痛みや不快感を低減するために潤滑剤が塗布されています。しかし潤滑剤は、行為中の摩擦によってXXドームから削げ落ちるため摩擦の不快感を感じる人が多いそうです(筆者は使ったことがないのでわかりません!)。そこで、ボストン大学のMark W. Grinstaff教授らのグループは、ラテックス表面自体に親和性をもたせて摩擦を減らす「自己潤滑性」をもたせたXXドームを開発しています。

最近発表された論文によると、ラテックスのXXドームにa:重合開始剤である2-hydroxyethylacrylateとbenzophone、b:親水性ポリマーであるPolyvinylpyrrolidoneを含む水エタノール溶液をディップコーテングによって成膜し、30分のUV照射によって固定化させたそうです。コーティングを施していないXXドームと比べると光が反射していて表面がツルツルになっているように見えます。また、SEM画像でもラテックスの表面粗さがカバーされ、凹凸がなくなっています。

成膜方法、写真、SEM画像

 

次に摩擦を測定したところ、自己潤滑性XXドームは水(=体液)を潤滑剤とすることで潤滑剤+コーティングなしのラテックスと同定での摩擦係数を示すことがわかりました。さらに、潤滑剤+コーティングなしのラテックスでは時間がたつと摩擦係数が上昇していくのに対して、自己潤滑性XXドームは摩擦係数が一定かやや低下することがわかり、長時間の使用でも潤滑性が保たれることが示されています。

摩擦測定の結果

さらには、実際に自己潤滑性XXドームを使用してもらい、使用感のアンケートを取ったところ、85%の人が自己潤滑性XXドームが最も滑りやすく、73%の人が自己潤滑性XXドームが最もに気に入ったと答えたそうです。摩擦係数の比較では、潤滑剤+コーティングなしのラテックスと同等だったのに対して実際に使った場合には、それよりも優れていることが証明された結果といえます。

使用後のアンケート結果

論文中ではテストモニターが33人とまだ少ないことと、シリコンベースの潤滑剤をテストしなかったことに言及していて今後の研究の課題としています。著者のStacy Chin博士とMark W. Grinstaff教授は、HydroGlyde Coatingsという会社を設立していてこのテクノロジーの数年以内の実用化を目指しているようです。またこの研究は、Microsoft創業者のビル・ゲイツ氏とその妻メリンダ氏が設立したビル・メリンダ・ゲイツ財団の援助によって行われたものです。

XXドームというとてもニッチな産業にも関わらず今なお多くの研究が行われているということは、HIV感染の深刻さが反映され多くの人が根絶を願って努力を続けていると考えられます。またこの人間の行為をいかに良くするかという究極的な探索だからなのかもしれません。

<注意> 特に問題ない記事ですが、用語を掲載するとG社から怒られるので、一部をXXと掲載しています。ご了承ください。

関連書籍

関連リンクとケムステ過去記事

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  2. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  3. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  4. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見
  5. 化学は切手と縁が深い
  6. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  7. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  8. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~
  2. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  3. 田辺シリル剤
  4. 試験概要:甲種危険物取扱者
  5. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付加
  6. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions
  7. 局所的な“粘度”をプローブする羽ばたくFLAP蛍光分子
  8. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  9. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  10. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&amp;Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

COVID-19の影響で居室や実験室の換気状況を見直された方は多いと思います。化学系の実験室は定期的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP