[スポンサーリンク]

キャンペーン

日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン

[スポンサーリンク]

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました(記事はこちら:PartI, PartII, Part III, PartIV)。

さて、今週金曜日から今度は日本薬学会第137年会が4日間に渡り開催されます。日本化学会年会には及びませんが、薬学関係者が1年に一度一同に集まる大きな会です。

というわけで、昨年に引き続き薬学会年会でも「付設展示会ケムステキャンペーン」やっちゃいます。

合言葉は覚えていますか?

ケムステをみた!

です。これで付設展示会に訪れてください。

化学会に比べると大変小規模ですがぜひご参加ください。参加企業は、東京化成工業シュプリンガーネイチャー化学同人の3社です(少なくてすみません!)。

シュプリンガーネイチャーによる付設展示会とケムステ特典

シュプリンガー・ネイチャー (小間番号90)

シュプリンガー・ネイチャーの製品ポートフォリオより、薬学会来場者に役立つものを厳選して展示します。

シュプリンガー・ネイチャーのブースは、石川県立音楽堂 2F 小間番号90。カフェコーナーの前です。コーヒーで一服のついでに、ぜひお立ち寄りください。

  • Nature Catalysis: 2018年1月創刊のNature Catalysis をご紹介。サンプル誌「Selected Articles from Issue 1 of Nature Catalysis」 を無料配布しています。
  • Springerの電子ブック・コレクションSpringer eBooks。ご所属機関で使えるタイトルリストご用意します。
  • Springer Nature Experiments: Nature Methods、Nature Protocols、SpringerProtocolsの3製品に加え、オープンアクセスのプロトコル・レポジトリProtocol Exchangeをひとつのエントリーポイントから検索・評価するキュレーション・プラットフォームです。昨年リリースしたばかりのホヤホヤです。
  • Nano: ナノテクノロジー研究に特化したリサーチソリューションNano。今年はNanoをテーマにランチョンセミナーもやります!(3/27(火)11:50-12:50)
ケムステ読者特典

3つのケムステ特典をご用意しました。まずは、シュプリンガー・ネイチャーのブース(小間番号90)に「ケムステを見た!」の合言葉とともにご来場ください!

  1. 初日限定Nature Catalysisキャンペーン
  2. Springer eBooksのタイトルリストをリクエストしよう!
  3. 展示書籍2割引(ニュートリノで受注)

特典1: 初日限定Nature Catalysis キャンペーン

Step 1     ブースにて QRコードから Nature Catalysis にアクセス!

Step 2 Nature Japan SNS フォロー*

Nature Catalysis  &  Nature Electronics ロゴ入りクリアキャップボトル(500ml、または、ハードカバー Nature Reviews Chemistry オリジナルノートプレゼントいたします!

特典2: Springer eBooksのタイトルリストをリクエストしよう!

所属機関で利用できるSpringer eBooks(シュプリンガーの電子ブック・コレクション)があっても、それをご存じない方が案外多いのです。勿体ないことです! 利用可能なタイトルリストをご用意します。

リストは後日送付。でも特典グッズは現地で差し上げます!

特典3: 展示書籍2割引

書籍を学会特価で承ります(ご注文はニュートリノ社で承ります)。薬学関連書籍のほか、大人気の「English for Academic Research」のシリーズも揃えています。英語の論文の書き方や、英語でのプレゼンなど、ヒント満載のシリーズです。

展示書籍以外でもお調べして承ります。公費・クレジットカードもOK! お気軽にスタッフにお声を掛けてください。

書籍はお取り寄せとなり、後日送付(送料無料)。ですが、特典グッズは現地で差し上げます!

特典23のグッズはいずれも旅行や出張に便利なものをそろえました。お好きなものをお選びください。

何れの特典も、数量限定です。お早めに弊社ブースにお立ち寄りください!

東京化成工業の付設展示会およびケムステ特

東京化成工業は、日本薬学会第138年会併催展示会で、有機合成化学分野、ライフサイエンス分野を中心に、各種新製品のパンフレットなどを展示します。試薬に関するご質問なども、お気軽にご相談ください。

また、毎年好評のTCIオリジナルグッズが当たるキャンペーンは、今年は後日抽選で開催します。展示会場で抽選は行いませんのでご注意ください。

詳細は弊社ウェブサイト、メールマガジン、SNSなどで近日公開しますので、要チェック!

東京化成工業のブースにて合言葉「ケムステをみた!」とお声がけください。先着25名様に、ケミストの必需品TCIオリジナルフィルムふせんをプレゼントします。

ぜひ、薬学会年会へご参加の際は、東京化成工業のブースへお立ち寄りください。
みなさまのご来場をお待ちしております!

化学同人の付設展示会およびケムステ特典

日本薬学会第138年会併催展示会(3月26日〜28日)の化学同人ブースでは,ベーシック薬学教科書シリーズなどのおなじみの教科書から好評の専門書『CSJ27 天然有機化合物の全合成』,『革新的医薬品の科学』,DOJIN ACADEMIC SERIES,DOJIN BIOSCIENCE SERIESまでを,15~20%OFFで購入できます.

また,元素手帳を購入しようと思っていて購入しそびれてしまった人にも朗報.使える期間が残り1年と迫りつつある『元素手帳2018』も特価で購入できるようにいたします!

この機会をお見逃しなく.

★月刊『化学』定期購読キャンペーン!

月刊『化学』を1年以上定期購読をお申込みの方に,もれなく『元素手帳2018』をプレゼントします.

1951年の創刊以来,『化学』は最新の化学研究だけでなく,学術論文では絶対に読めない研究者自身の考え方,発想,研究フィロソフィーに誌面を割き,総合的な化学の情報を提供しています.

注目の特集★新・元素物語 ホウ素(7月号を予定):ホウ素に関する研究に焦点を当てる

好評★連載1有機化学の基本のキ:初学者がつまずきやすいところをわかりやすく解説

好評★連載2化学者のための哲学:哲学の視点で化学という学問を考える

★注目書籍はこちら!

https://www.kagakudojin.co.jp/book/b352187.html

買いそびれた人はぜひこの機会に!

好評発売中『元素手帳2018』

着せ替えカバーなどをHPに多数取り揃えています.

ケムステ読者特典

書籍等の購入時に「ケムステを見た!」と申し出てください.ニホニウムも入った元素生活クリアファイル1枚をもれなく差し上げます.(色はこちらで選ばせていただきます)

ぜひ化学同人のブースにお立ち寄りください!

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  2. JCRファーマとはどんな会社?
  3. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成
  4. 太陽電池を1から作ろう:色素増感太陽電池 実験キット
  5. Retraction watch リトラクション・ウオッチ
  6. イグ・ノーベル賞の世界展に行ってきました
  7. アルカロイドの大量生産
  8. 論説フォーラム「研究の潮目が変わったSDGsは化学が主役にーさあ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation
  2. ベン・シェンBen Shen
  3. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  4. 海外で働いている僕の体験談
  5. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation
  6. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  7. 温和な室温条件で高反応性活性種・オルトキノジメタンを生成
  8. アルツハイマー薬で副作用死
  9. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction
  10. 微生物細胞に優しいバイオマス溶媒 –カルボン酸系双性イオン液体の開発–

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP