[スポンサーリンク]


2021年 1月

  1. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda

    前田 和彦(MAEDA Kazuhiko)は、無機固体化学、ナノ材料、光触媒、光電気化学を専門とする日本の化学者である。エネルギー変換型光触媒・光電極の研究に一貫して取り組み、最近では水分解光触媒・光電極の研究開発に加えて、二酸化炭素固定化…

  2. 【四国化成工業】新卒採用情報(2022卒)

    ◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

  3. MOF-5: MOF の火付け役であり MOF の代名詞

    MOF-5 は MOF という愛称が明瞭に与えられたはじめての金属-有機構造体です。二次構造素子の概…

  4. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama

    陰山 洋(KAGEYAMA Hiroshi, 1969年4月16日 - )は、日本の固体化学者である…

  5. 四国化成の新規複素環化合物群

    四国化成のイミダゾール誘導体四国化成ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含…

  6. 四国化成工業ってどんな会社?

  7. 第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

  8. 不斉反応ーChemical Times特集より

  9. 2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

  10. 転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

  11. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

  12. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

  13. 分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

  14. 非古典的カルボカチオンを手懐ける

  15. CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

  16. カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 科学は夢!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2015
  2. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応
  3. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  4. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  5. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  6. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編
  7. ケミカル・ライトの作り方

注目情報

最新記事

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

PAGE TOP