[スポンサーリンク]


2021年 1月

  1. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda

    前田 和彦(MAEDA Kazuhiko)は、無機固体化学、ナノ材料、光触媒、光電気化学を専門とする日本の化学者である。エネルギー変換型光触媒・光電極の研究に一貫して取り組み、最近では水分解光触媒・光電極の研究開発に加えて、二酸化炭素固定化…

  2. MOF-5: MOF の火付け役であり MOF の代名詞

    MOF-5 は MOF という愛称が明瞭に与えられたはじめての金属-有機構造体です。二次構造素子の概…

  3. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama

    陰山 洋(KAGEYAMA Hiroshi, 1969年4月16日 - )は、日本の固体化学者である…

  4. 世界の技術進歩を支える四国化成の「独創力」

    高速伝送技術を支える四国化成の樹脂架橋剤現代のインターネット通信を支える大型サーバー等の高速通信…

  5. 第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

    第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

  6. 不斉反応ーChemical Times特集より

  7. 2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

  8. 転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

  9. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

  10. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

  11. 分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

  12. 非古典的カルボカチオンを手懐ける

  13. CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

  14. カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

  15. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

  16. Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  2. 福井県内において一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生
  3. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  4. 相田 卓三 Takuzo Aida
  5. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  6. 数々の日本企業がIntel 2023 EPIC Supplier Program Awardを受賞
  7. サラシノール salacinol

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

PAGE TOP