[スポンサーリンク]


2021年 1月

  1. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda

    前田 和彦(MAEDA Kazuhiko)は、無機固体化学、ナノ材料、光触媒、光電気化学を専門とする日本の化学者である。エネルギー変換型光触媒・光電極の研究に一貫して取り組み、最近では水分解光触媒・光電極の研究開発に加えて、二酸化炭素固定化…

  2. 【四国化成工業】新卒採用情報(2022卒)

    ◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

  3. MOF-5: MOF の火付け役であり MOF の代名詞

    MOF-5 は MOF という愛称が明瞭に与えられたはじめての金属-有機構造体です。二次構造素子の概…

  4. 陰山 洋 Hiroshi Kageyama

    陰山 洋(KAGEYAMA Hiroshi, 1969年4月16日 - )は、日本の固体化学者である…

  5. 四国化成の新規複素環化合物群

    四国化成のイミダゾール誘導体四国化成ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含…

  6. 四国化成工業ってどんな会社?

  7. 第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

  8. 不斉反応ーChemical Times特集より

  9. 2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

  10. 転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

  11. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

  12. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

  13. 分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

  14. 非古典的カルボカチオンを手懐ける

  15. CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

  16. カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マラプラード グリコール酸化開裂 Malaprade Glycol Oxidative Cleavage
  2. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘
  3. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応
  4. 安全なジアゾメタン原料
  5. 第151回―「生体における金属の新たな活用法を模索する」Matthew Hartings准教授
  6. バートン反応 Barton Reaction
  7. 麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

注目情報

最新記事

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

PAGE TOP