[スポンサーリンク]


2021年 6月

  1. 果たして作ったモデルはどのくらいよいのだろうか【化学徒の機械学習】

    hodaです。「ゼロから学ぶ機械学習」からだいぶ時間がたってしまいましたが、今回の記事では前回取り上げることのできなかったモデルの精度評価について取り上げたいと思います。今回は機械学習のうちの教師あり学習の話です。(教師あり学習???という…

  2. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

    ※ 本イベントは盛会に終了しました。現在、事前登録者様限定で動画公開中ですので、…

  3. 電気化学の力で有機色素を自在に塗布する!

    第318回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院応用化学系(稲木研究室)・Yaqia…

  4. 化学の楽しさに触れるセミナーが7月に開催

    大阪市立大学は2021年7月31日、高校生や化学担当の先生等を対象に、化学セミナー「高校生のための先…

  5. 飯野 裕明 Hiroaki Iino

    飯野裕明は、日本のデバイス工学者である。専門は有機電子材料、および有機エレクトロニクス。東京工業大学…

  6. 安全性・耐久性・高活性を兼ね備えた次世代型スマート触媒の開発

  7. 第155回―「化学結合と反応性を理論化学で理解する」Sason Shaik教授

  8. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

  9. マイクロ波合成装置の最先端!

  10. ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

  11. 令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

  12. 【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

  13. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

  14. Carl Boschの人生 その10

  15. 「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

  16. 第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  2. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2
  3. 有機光触媒を用いたポリマー合成
  4. 化学物質の管理が厳格化! -リスクアセスメント-
  5. 化学は切手と縁が深い
  6. 日本入国プロトコル(2022年6月末現在)
  7. アンリ・カガン Henri B. Kagan

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

PAGE TOP