[スポンサーリンク]


2021年 6月

  1. 果たして作ったモデルはどのくらいよいのだろうか【化学徒の機械学習】

    hodaです。「ゼロから学ぶ機械学習」からだいぶ時間がたってしまいましたが、今回の記事では前回取り上げることのできなかったモデルの精度評価について取り上げたいと思います。今回は機械学習のうちの教師あり学習の話です。(教師あり学習???という…

  2. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

    ※ 本イベントは盛会に終了しました。現在、事前登録者様限定で動画公開中ですので、…

  3. 電気化学の力で有機色素を自在に塗布する!

    第318回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院応用化学系(稲木研究室)・Yaqia…

  4. 化学の楽しさに触れるセミナーが7月に開催

    大阪市立大学は2021年7月31日、高校生や化学担当の先生等を対象に、化学セミナー「高校生のための先…

  5. 飯野 裕明 Hiroaki Iino

    飯野裕明は、日本のデバイス工学者である。専門は有機電子材料、および有機エレクトロニクス。東京工業大学…

  6. 安全性・耐久性・高活性を兼ね備えた次世代型スマート触媒の開発

  7. 第155回―「化学結合と反応性を理論化学で理解する」Sason Shaik教授

  8. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe

  9. マイクロ波合成装置の最先端!

  10. ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

  11. 令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

  12. 【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

  13. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

  14. Carl Boschの人生 その10

  15. 「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

  16. 第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アセタール系保護基 Acetal Protective Group
  2. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  3. 理研も一般公開するよ!!
  4. 保護により不斉を創る
  5. アメリカ大学院留学:TAの仕事
  6. クラウド版オフィススイートを使ってみよう
  7. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation

注目情報

最新記事

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

PAGE TOP