[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授

[スポンサーリンク]

第55回の海外化学者インタビューは、トム・ウェルトン教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学科に所属し、特に室温下のイオン液体中、溶媒-溶質相互作用が化学反応性に及ぼす影響について研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私はAレベルの化学だけを学んだのですが、それが3つの合理的なセットを完成させたからです。そして、私たちが最初に学んだのは原子構造でした。今まで耳にした中で一番面白いと思ったのを覚えています。それ以来、夢中になりました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

ずっと航空技師になると思っていました。いつでも飛行機が大好きだったのです。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

化学工業製品や世界がどのように機能しているかを理解するという点での明白な貢献は別として、ほとんどの化学者は十分な根拠を持っており、証拠に基づいて研究を進めることを好む実学的な人々であると考えています。こういった特性は、今日の世界では驚くほど珍しいようです。こういったことを公にしていくことは本当に重要です。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

これは一番答えにくい質問です。世界に多大な影響を与えた人、絶世の美貌を持つ人、有名な魅力を持つ人、コメディアンなどを選べばいいのでしょうか?わかりません。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

完了した実験という意味であれば、あまりにも古くて思い出せません。ある日、最も経験豊かな2人の博士課程学生がオフィスに来て、グループを代表して話をしに来た時のことをとてもはっきり覚えています。実験をしようと私が研究室に入るたびに、物事を中途半端に放置しているというのです。私が散らかしたものをどうしていいのか彼らは分からないので、それが仕事の進みを遅らせていると言いました。それで、実験することを止めました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

CDは簡単で、Round the Horneの全集でしょう。本はいつも「マハーバーラタ」を好んで読んでいます。少なくとも、良質で長いです。

原文:Reactions – Tom Welton

※このインタビューは2008年3月14日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 …
  2. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua…
  3. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーP…
  4. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教…
  5. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  6. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Mi…
  7. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Came…
  8. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学系学生のための企業合同説明会
  2. 3成分開始剤系を用いたリビングラジカル重合
  3. 麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ
  4. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  5. エルマンイミン Ellman’s Imine
  6. 高速原子間力顕微鏡による溶解過程の中間状態の発見
  7. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素
  8. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  9. 私が思う化学史上最大の成果-2
  10. ミック因子 (Myc factor)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

ケムステのライターになって良かったこと

先日、Chem-Stationのスタッフのやぶさんがスタッフになって良かったこと、Chem-Stat…

ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

学会会場で予定していたケムステ読者向けキャンペーンを実施します!(追記:公開早々に1.メルマガ登…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】

今話題のオンライン会議ツールである Zoom を使って、日本時間3月21日 18:00  (太平洋時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP