[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授

[スポンサーリンク]

第55回の海外化学者インタビューは、トム・ウェルトン教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学科に所属し、特に室温下のイオン液体中、溶媒-溶質相互作用が化学反応性に及ぼす影響について研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私はAレベルの化学だけを学んだのですが、それが3つの合理的なセットを完成させたからです。そして、私たちが最初に学んだのは原子構造でした。今まで耳にした中で一番面白いと思ったのを覚えています。それ以来、夢中になりました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

ずっと航空技師になると思っていました。いつでも飛行機が大好きだったのです。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

化学工業製品や世界がどのように機能しているかを理解するという点での明白な貢献は別として、ほとんどの化学者は十分な根拠を持っており、証拠に基づいて研究を進めることを好む実学的な人々であると考えています。こういった特性は、今日の世界では驚くほど珍しいようです。こういったことを公にしていくことは本当に重要です。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

これは一番答えにくい質問です。世界に多大な影響を与えた人、絶世の美貌を持つ人、有名な魅力を持つ人、コメディアンなどを選べばいいのでしょうか?わかりません。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

完了した実験という意味であれば、あまりにも古くて思い出せません。ある日、最も経験豊かな2人の博士課程学生がオフィスに来て、グループを代表して話をしに来た時のことをとてもはっきり覚えています。実験をしようと私が研究室に入るたびに、物事を中途半端に放置しているというのです。私が散らかしたものをどうしていいのか彼らは分からないので、それが仕事の進みを遅らせていると言いました。それで、実験することを止めました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

CDは簡単で、Round the Horneの全集でしょう。本はいつも「マハーバーラタ」を好んで読んでいます。少なくとも、良質で長いです。

原文:Reactions – Tom Welton

※このインタビューは2008年3月14日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する –…
  2. 第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kai…
  3. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚…
  4. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser…
  5. 第36回「光で羽ばたく分子を活かした新技術の創出」齊藤尚平 准教…
  6. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで ̵…
  7. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 …
  8. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  2. ペタシス反応 Petasis Reaction
  3. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  4. 2011年10大化学ニュース【前編】
  5. 有用なりん化合物
  6. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  7. 化学実験系YouTuber
  8. プロドラッグの活性化をジグリシンが助ける
  9. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表
  10. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP