[スポンサーリンク]


2022年 6月

  1. タンパク質の構造ゆらぎに注目することでタンパク質と薬の結合親和性を評価する新手法

    第 387 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 泰岡研究室 前期博士課程 2 年の 安田 一希 (やすだ・いっき) さんにお願いしました。安田さんの所属する泰岡研究室では、分子動力学 (MD: …

  2. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

    開催日:2022/06/22 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

  3. 東レから発表された電池と抗ウイルスに関する研究成果

    東レ株式会社は、この度、空気電池用イオン伝導ポリマー膜の創出に成功しました。本ポリマー膜をリチウム空…

  4. 有機合成化学協会誌2022年6月号:プラスチック変換・生体分子変換・ラジカル反応・ガタスタチンG2・オリゴシラン・縮環ポルフィリン誘導体

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年6月号がオンライン公開されました。新…

  5. 鉄触媒によるオレフィンメタセシス

    第386回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学 サイエンス・テクノロジーグループの竹林…

  6. Tattooと化学物質のはなし

  7. シンクロトロンで実験してきました【アメリカで Ph.D. を取る: 研究の非日常の巻】

  8. 身近な食品添加物の組み合わせが砂漠の水不足を解決するかもしれない

  9. 乙卯研究所 研究員募集 2022年度

  10. ヒドロキシ基をスパッと(S)、カット(C)、して(S)、アルキル化

  11. 自己治癒するセラミックス・金属ーその特性と応用|オンライン|

  12. 【書評】有機化学のための量子化学計算入門

  13. 日本の化学産業を支える静岡県

  14. 「幻のイオン」、テトラフェニルアンモニウムの合成を達成!

  15. 伊藤 幸裕 Yukihiro Itoh

  16. 第2回エクソソーム学術セミナー 主催:同仁化学研究所

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」
  2. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  3. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応
  4. 研究室での英語【Part1】
  5. 光触媒により脱炭酸反応における反応中間体の精密制御に成功!
  6. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング
  7. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

注目情報

最新記事

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

PAGE TOP