[スポンサーリンク]


2022年 12月

  1. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

    マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 1985年xx月xx日-)は、ドイツの化学者である。キール大学教授。経歴2010 Albert-Ludwigs Universität,…

  2. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解卑金属めっきの各論編~

    このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

  3. 赤色発光する希土類錯体で植物成長促進の実証に成功

    第455回のスポットライトリサーチは、北海道大学 化学反応創成研究拠点(WPI-ICReDD)、大学…

  4. 動画でわかる! 「575化学実験」実践ガイド

    概要575(ご・しち・ご)化学実験とは、「準備5分、実験7分、片付け5分で実施できるほど…

  5. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの還元剤編~

    このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

  6. 便秘薬の話

  7. 平井 剛 Go Hirai

  8. ケムステV年末ライブ2022を開催します!

  9. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

  10. 真鍋良幸 Manabe Yoshiyuki

  11. 社会人7年目、先端技術に携わる若き研究者の転職を、 ビジョンマッチングはどう成功に導いたのか。

  12. 昆虫細胞はなぜ室温で接着するのだろう?

  13. 分子研 大学院説明会・体験入学説明会 参加登録受付中!

  14. 最新の産学コラボ研究論文

  15. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの原理編~

  16. 眞鍋 史乃 Manabe Shino

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ホウ素から糖に手渡される宅配便
  2. シス優先的プリンス反応でsemisynthesis!abeo-ステロイド類の半合成
  3. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  4. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  5. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  6. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ
  7. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

PAGE TOP