[スポンサーリンク]


2022年 12月

  1. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

    マニュエル・ヴァン・ゲメレン (Manuel van Gemmeren (né Mahlau) 1985年xx月xx日-)は、ドイツの化学者である。キール大学教授。経歴2010 Albert-Ludwigs Universität,…

  2. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解卑金属めっきの各論編~

    このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

  3. 赤色発光する希土類錯体で植物成長促進の実証に成功

    第455回のスポットライトリサーチは、北海道大学 化学反応創成研究拠点(WPI-ICReDD)、大学…

  4. 動画でわかる! 「575化学実験」実践ガイド

    概要575(ご・しち・ご)化学実験とは、「準備5分、実験7分、片付け5分で実施できるほど…

  5. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの還元剤編~

    このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

  6. 便秘薬の話

  7. 平井 剛 Go Hirai

  8. ケムステV年末ライブ2022を開催します!

  9. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

  10. 真鍋良幸 Manabe Yoshiyuki

  11. 社会人7年目、先端技術に携わる若き研究者の転職を、 ビジョンマッチングはどう成功に導いたのか。

  12. 昆虫細胞はなぜ室温で接着するのだろう?

  13. 分子研 大学院説明会・体験入学説明会 参加登録受付中!

  14. 最新の産学コラボ研究論文

  15. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解めっきの原理編~

  16. 眞鍋 史乃 Manabe Shino

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  2. アステラス病態代謝研究会 2018年度助成募集
  3. Biotage Selekt+ELSD【実機レビュー】
  4. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  5. Communications Chemistry創刊!:ネイチャー・リサーチ提供の新しい化学ジャーナル
  6. 実験する時の服装(企業研究所)
  7. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御

注目情報

最新記事

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

PAGE TOP