[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

化学小説まとめ

化学が主題となる小説は世の中にあまり多くありません。ケムステでは数少ない「化学(科学)小説家」として活躍している、喜多喜久氏の著書を紹介してきました。その記事のまとめです。喜多氏の全著書と、その他の化学関連小説も紹介しています。

喜多喜久氏の著書に関する記事

喜多喜久氏の著書

 

その他化学関連小説

化学系大学院生が主人公。専門分野は創薬化学。亡き父の残したメッセージに従いGPCRの作動薬創薬に取り組む。

 

主人公は高校化学部部長。実験中に発生した事故をきっかけに空気より軽く、ダイヤモンドより硬い新素材を発見。

 

著者のアイザック・アシモフは生化学者であり、大学で准教授として研究もしていたことから、化学系の描写が多く出現する。

 

めちゃめちゃ古いが、題名のとおり化学小説。アニリンの工業化までを描く。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  2. 身近なカガクを説明した記事まとめ
  3. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  4. 美しい化学構造式を書きたい方に
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  6. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジ…
  7. 理系の海外大学院・研究留学記
  8. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  2. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  3. 合成化学者十訓
  4. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  5. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?
  6. 脱離反応 Elimination Reaction
  7. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  8. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  9. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  10. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP