[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

化学小説まとめ

化学が主題となる小説は世の中にあまり多くありません。ケムステでは数少ない「化学(科学)小説家」として活躍している、喜多喜久氏の著書を紹介してきました。その記事のまとめです。喜多氏の全著書と、その他の化学関連小説も紹介しています。

喜多喜久氏の著書に関する記事

喜多喜久氏の著書

 

その他化学関連小説

化学系大学院生が主人公。専門分野は創薬化学。亡き父の残したメッセージに従いGPCRの作動薬創薬に取り組む。

 

主人公は高校化学部部長。実験中に発生した事故をきっかけに空気より軽く、ダイヤモンドより硬い新素材を発見。

 

著者のアイザック・アシモフは生化学者であり、大学で准教授として研究もしていたことから、化学系の描写が多く出現する。

 

めちゃめちゃ古いが、題名のとおり化学小説。アニリンの工業化までを描く。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学研究特化型アプリまとめ
  2. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  3. 化学業界と就職活動
  4. CSJカレントレビューシリーズ書評
  5. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!
  6. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジ…
  7. 論文執筆ABC
  8. 日本人化学者による卓越した化学研究

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 信じられない!驚愕の天然物たち
  2. 合成化学の”バイブル”を手に入れよう
  3. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定
  4. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す
  5. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  6. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発
  7. スーパーブレンステッド酸
  8. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  9. ロバート・レフコウィッツ Robert J. Lefkowitz
  10. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP