[スポンサーリンク]


archivesセミナー

  1. 【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

    <内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回にわたり、ガス反応、乾燥・焼成、スケールアップをテーマに、Q&Aセッションをメインとしたセミナーを開催しています。シリーズ最後とな…

  2. マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

    開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

  3. Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

    開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

  4. マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

    開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

  5. 研究開発分野におけるセキュリティ対策の傾向と、miHubでのセキュリティへの取り組み

    開催日:2024/02/14 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

  6. KISTEC教育講座 「社会実装を目指すマイクロ流体デバイス」 ~プラットフォームテクノロジーとしての超微量分析ツール~

  7. 【2/28・29開催ウェビナー】粒子分散がわかる2DAYS(三洋貿易株式会社)

  8. 実験計画・試行錯誤プラットフォームmiHubの大型アップデートのご紹介 ー研究者を中心としたマテリアルズ・インフォマティクスの組織的活用ー

  9. カーボンニュートラル材料とマテリアルズ・インフォマティクス活用で実現するサステナブル社会

  10. 「高分子材料を進化させる表面・界面制御の基礎」

  11. マテリアルズ・インフォマティクス適用のためのテーマ検討の進め方とは?

  12. 【12月開催】第十四回 マツモトファインケミカル技術セミナー   有機金属化合物 オルガチックスの性状、反応性とその用途

  13. 先端事例から深掘りする、マテリアルズ・インフォマティクスと計算科学の融合

  14. \脱炭素・サーキュラーエコノミーの実現/  マイクロ波を用いたケミカルリサイクル・金属製錬プロセスのご紹介

  15. 細胞代謝学術セミナー全3回 主催:同仁化学研究所

  16. マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 薬学部6年制の現状と未来
  2. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  3. ゴールドバーグ アミノ化反応 Goldberg Amination
  4. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  5. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!
  6. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  7. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP