[スポンサーリンク]


archivesセミナー

  1. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

    お申込み・詳細はこちら日程2019年6月 より 2020年3月 まで全10 回定員15名(少人数制を維持するため、申込多数の場合は2クラスに分けて実施する場合があります。)たとえば、このような方にご受講をおすすめしま…

  2. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門』【終了】

    ★ 高分子を専門としていない、電気・電子、機械、エネルギー、分析などの方も理解しやすく解説!★ …

  3. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討

    ☆開発ステージにマッチしたコスト試算を考える!事業採算性検討の結果から投資意思決定プロセスへ…

  4. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】

    新規化合物の創製、応用に期待がかかる自己組織化技術!講師 (独)物質・材料研究機構 高分子材…

  5. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】

    結晶性高分子の分子レベルでの高次構造は物性を決める上で極めて重要なファクターです。講師 龍谷大学…

  6. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業機会【終了】

  7. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~

  8. 進化する カップリング反応と 応用展開

  9. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化

  10. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座

  11. リチウムイオン電池正極材料の開発動向

  12. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】

  13. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門

  14. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】

  15. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  2. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  3. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明
  4. 第54回天然有機化合物討論会
  5. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  6. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  7. ケミカルジェネティクス chemical genetics

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

PAGE TOP