[スポンサーリンク]


archivesセミナー

  1. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

    詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  ※1日単位の選択受講も承ります。定員20名(先着順にて承ります。)受講料全日程一日受講A…

  2. “つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

    お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

  3. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

    お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

  4. セルロースナノファイバーの真価

    お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

  5. 塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

    お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

  6. 分析化学科

  7. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOKYO研修プログラム第2回)

  8. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

  9. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門』【終了】

  10. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討

  11. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】

  12. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】

  13. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業機会【終了】

  14. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~

  15. 進化する カップリング反応と 応用展開

  16. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機触媒 / Organocatalyst
  2. カーボンナノリング合成に成功!
  3. 人工DNAを複製可能な生物ができた!
  4. シランカップリング剤入門【終了】
  5. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction
  6. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  7. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tetrakis(triphenylphosphine)palladium(0)

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP