[スポンサーリンク]


archivesセミナー

  1. データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

    開催日:2022/05/25 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘による研究開発から、データを活用して、より効率的に、また人が発見出来なかった素材を研究開発していくことが目指されてい…

  2. 高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

    開催日:2022/05/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

  3. Q&A型ウェビナー マイクロ波化学質問会

    今回は、初の試みとして、当社事業開発室によるレクチャーとQ&Aのハイブリッド型ウ…

  4. 【第48回有機金属化学セミナー】講習会:ものづくりに使える触媒反応

    詳細・お申し込みはこちら■セミナー趣旨有機金属化学セミナーは,産学界の潮流に合わせてその内容…

  5. マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎

    開催日:2022/05/10  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

  6. MIを組織内で90日以内に浸透させる3ステップ

  7. 色素・樹脂材料処方設計におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

  8. 電化で実現する脱炭素化ソリューション 〜蒸留・焼成・ケミカルリサイクル〜

  9. マテリアルズ・インフォマティクスの手法:条件最適化に用いられるベイズ最適化の基礎

  10. マテリアルズ・インフォマティクスの推進を加速させるためには?

  11. エクソソーム学術セミナー 主催:同仁化学研究所

  12. 研究者のためのマテリアルズインフォティクス入門コンテンツ3選【無料】

  13. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

  14. 【食品・飲料業界の方向け】 マイクロ波がもたらすプロセス効率化と脱炭素化 低温焙煎・抽出・乾燥・凍結乾燥・噴霧乾燥・ケミカルリサイクル

  15. セルロースナノファイバーの真価【オンライン講座】

  16. 有機機能性色素におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 庄野酸化 Shono Oxidation
  2. 変わりゆく化学企業の社名
  3. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis
  4. 春季ACSMeetingに行ってきました
  5. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  6. 計算と実験の融合による新反応開発:対称及び非対称DPPEの簡便合成
  7. 池袋PARCOで「におい展」開催

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP