[スポンサーリンク]

archives

マイクロ波によるケミカルリサイクル 〜PlaWave®︎の開発動向と事業展望〜

[スポンサーリンク]

<内容>

脱炭素化に貢献する電化技術の一つとして、昨今注目を集めているマイクロ波。マイクロ波化学は、世界で初めて工業化を実現して以降、多様なプロセスの共同開発と事業化を推進しています。

近年、サーキュラーエコノミー実現が急務とされる中、当社はケミカルリサイクルの技術開発を加速させており、自社開発及びパートナー企業との共同開発を通じて、マイクロ波プラスチック分解技術プラットフォームである”PlaWave®”を構築してきました。本イベントでは、当社のケミカルリサイクルに関連した技術や事業についてご紹介します。

 

■以下のような内容に関心のある方におすすめ!

  • マイクロ波の原理、特長
  • ケミカルリサイクルの取り組み、実績
  • プラスチック分解技術と利用するメリット

 

 ■日時・申し込み先 (いずれの日程も同じ内容です)

①11月10日 (木) 13:00〜14:00

②11月17日 (木) 11:00〜12:00

  申し込みURL:https://mwcc221110.peatix.com/

 

■参加費用

無料

 

■スピーカー

亀田 孝裕  /  ケミカルリサイクル事業室 室長

住友商事株式会社にて鉱山開発関連や水素事業立ち上げなどに携わり、米国駐在を経た後、2020年にマイクロ波化学(株)に入社。2022年9月にケミカルリサイクル事業室を発足。

 

■主催

マイクロ波化学株式会社

 

■問い合わせ先

 マイクロ波化学株式会社

TEL:06-6170-7595 mail:info@mwcc.jp

ホームページ:https://mwcc.jp/

 

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  2. 抗酸化能セミナー 主催:同仁化学研究所
  3. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  4. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】…
  5. “防護服の知恵.com”を運営するアゼアス(株)と記事の利用許諾…
  6. 電場を利用する効率的なアンモニア合成
  7. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  8. 市民公開講座 ~驚きのかがく~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. CASがSciFinder-nの新しい予測逆合成機能を発表
  2. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  3. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発
  4. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応
  5. ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学
  6. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ
  7. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  8. トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesis
  9. アルカロイド alkaloid
  10. 社会人7年目、先端技術に携わる若き研究者の転職を、 ビジョンマッチングはどう成功に導いたのか。

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP