[スポンサーリンク]


archivesセミナー

  1. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

    お申込み・詳細はこちら日程2019年6月 より 2020年3月 まで全10 回定員15名(少人数制を維持するため、申込多数の場合は2クラスに分けて実施する場合があります。)たとえば、このような方にご受講をおすすめしま…

  2. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門』【終了】

    ★ 高分子を専門としていない、電気・電子、機械、エネルギー、分析などの方も理解しやすく解説!★ …

  3. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討

    ☆開発ステージにマッチしたコスト試算を考える!事業採算性検討の結果から投資意思決定プロセスへ…

  4. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】

    新規化合物の創製、応用に期待がかかる自己組織化技術!講師 (独)物質・材料研究機構 高分子材…

  5. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】

    結晶性高分子の分子レベルでの高次構造は物性を決める上で極めて重要なファクターです。講師 龍谷大学…

  6. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業機会【終了】

  7. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~

  8. 進化する カップリング反応と 応用展開

  9. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化

  10. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座

  11. リチウムイオン電池正極材料の開発動向

  12. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】

  13. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門

  14. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】

  15. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 中国へ行ってきました 西安・上海・北京編③
  2. なぜあなたは論文が書けないのか
  3. メバスタチン /Mevastatin
  4. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler-Napieralski Isoquinoline Synthesis
  5. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  6. こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化
  7. 有機ELディスプレイの最新技術【終了】

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP