[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Naka Research Group

Naka Research Group

名古屋大学大学院理学研究科 野依研究室 中研究グループで話題となった内容を紹介します.

  1. 光触媒に相談だ 直鎖型の一級アミンはアンモニア水とアルケンから

    第269回のスポットライトリサーチは、京都大学 人間・環境学研究科(吉田寿雄研究室)・朴 素暎さんにお願いしました。朴さんの所属する吉田研究室では不均一系光触媒の設計や新しい触媒反応の開発を中心に研究を展開され、光触媒を利用した二酸…

  2. ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

    ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

  3. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

  4. 第24回ACSグリーンケミストリー&エンジニアリング会議 (GC&EC2020)に参加しました

    皆さんはこの3月以降,学会に参加発表されましたか?Covid-19パンデミックの影響で国内学会の年会…

  5. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

    2017年 Helms らはレドックスフロー電池でのクロスオーバー現象を防ぐために,オリゴマーを活物…

  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  7. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

  8. 蓄電池 Rechargeable Battery

  9. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カスケード反応 Cascade Reaction
  2. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  3. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory
  4. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  5. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  6. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  7. 第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

注目情報

最新記事

第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士

第126回の海外化学者インタビューはザッカリー・アーロン博士です。インディアナ大学ブルーミントン校の…

コンピューターが有機EL材料の逆項間交差の速度定数を予言!

第278回のスポットライトリサーチは、理化学研究所 夫研究室の相澤 直矢(あいざわ なおや)さんにお…

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

粒子画像モニタリングシステム EasyViewerをデモしてみた

スラリー中の粒子(結晶)の観察は、晶析研究などではぜひみたいところです。しかし、外に取り出し…

PAGE TOP