[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Naka Research Group

Naka Research Group

名古屋大学大学院理学研究科 野依研究室 中研究グループで話題となった内容を紹介します.

  1. 光触媒に相談だ 直鎖型の一級アミンはアンモニア水とアルケンから

    第269回のスポットライトリサーチは、京都大学 人間・環境学研究科(吉田寿雄研究室)・朴 素暎さんにお願いしました。朴さんの所属する吉田研究室では不均一系光触媒の設計や新しい触媒反応の開発を中心に研究を展開され、光触媒を利用した二酸…

  2. ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

    ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

  3. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

  4. 第24回ACSグリーンケミストリー&エンジニアリング会議 (GC&EC2020)に参加しました

    皆さんはこの3月以降,学会に参加発表されましたか?Covid-19パンデミックの影響で国内学会の年会…

  5. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

    2017年 Helms らはレドックスフロー電池でのクロスオーバー現象を防ぐために,オリゴマーを活物…

  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  7. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

  8. 蓄電池 Rechargeable Battery

  9. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究者よ景色を描け!
  2. 史上最も不運な化学者?
  3. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling
  4. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応
  5. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  6. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  7. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

PAGE TOP