[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Naka Research Group

研究グループで話題となった内容を紹介します

  1. 溶媒の同位体効果 solvent isotope effect

    溶媒の同位体効果 (solvent isotope effect) とは同位体(特に重水素)で標識した溶媒を利用したときに現れる同位体効果のこと。化学研究では、水やメタノールに溶かした分子の物性や化学反応を、NMRなどで観測する…

  2. DeuNet (重水素化ネットワーク)

    Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

  3. 中性子線を利用した分析法

    X線や電子線を利用した分析と比べて、中性子 (neutron) を利用した化学分析は馴染みがない方が…

  4. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する

    2019年にこちらの記事でイリノイ大学・Scott E. Denmark教授らの三次元分子構造を用い…

  5. 合成ルートはどれだけ”良く”できるのか?分子構造からプロセス質量強度を予測する SMART-PMI

    概要医薬品をはじめとする有機分子の工業生産では、単に経済的につくるだけでなく、環境への影響に配慮…

  6. 【書籍】女性が科学の扉を開くとき:偏見と差別に対峙した六〇年 NSF(米国国立科学財団)長官を務めた科学者が語る

  7. ルイ・E. ・ブラス Louis E. Brus

  8. 第9回 野依フォーラム若手育成塾

  9. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

  10. bassler

    ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

  11. クオラムセンシング Quorum Sensing

  12. E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

  13. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

  14. Spin-component-scaled second-order Møller–Plesset perturbation theory (SCS-MP2)

  15. 第63回野依フォーラム例会「データ駆動型化学が拓く新たな世界」特別配信

  16. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  2. さあ分子模型を取り出して
  3. 藤田 誠 Makoto Fujita
  4. 第29回光学活性化合物シンポジウム
  5. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:①単層カーボンナノチューブ
  6. 【ナード研究所】ユニークな合成技術~先端研究を裏支え!~
  7. セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

注目情報

最新記事

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

PAGE TOP