[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Naka Research Group

Naka Research Group

名古屋大学大学院理学研究科 野依研究室 中研究グループで話題となった内容を紹介します.

  1. 光触媒に相談だ 直鎖型の一級アミンはアンモニア水とアルケンから

    第269回のスポットライトリサーチは、京都大学 人間・環境学研究科(吉田寿雄研究室)・朴 素暎さんにお願いしました。朴さんの所属する吉田研究室では不均一系光触媒の設計や新しい触媒反応の開発を中心に研究を展開され、光触媒を利用した二酸…

  2. ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

    ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

  3. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

  4. 第24回ACSグリーンケミストリー&エンジニアリング会議 (GC&EC2020)に参加しました

    皆さんはこの3月以降,学会に参加発表されましたか?Covid-19パンデミックの影響で国内学会の年会…

  5. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

    2017年 Helms らはレドックスフロー電池でのクロスオーバー現象を防ぐために,オリゴマーを活物…

  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  7. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

  8. 蓄電池 Rechargeable Battery

  9. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Isoquinoline Synthesis
  2. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  3. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  4. 引っ張ると白色蛍光を示すゴム材料
  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  6. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  7. 100 ns以下の超高速でスピン反転を起こす純有機発光材料の設計

注目情報

最新記事

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

PAGE TOP