[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Naka Research Group

研究グループで話題となった内容を紹介します

  1. 溶媒の同位体効果 solvent isotope effect

    溶媒の同位体効果 (solvent isotope effect) とは同位体(特に重水素)で標識した溶媒を利用したときに現れる同位体効果のこと。化学研究では、水やメタノールに溶かした分子の物性や化学反応を、NMRなどで観測する…

  2. DeuNet (重水素化ネットワーク)

    Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

  3. 中性子線を利用した分析法

    X線や電子線を利用した分析と比べて、中性子 (neutron) を利用した化学分析は馴染みがない方が…

  4. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する

    2019年にこちらの記事でイリノイ大学・Scott E. Denmark教授らの三次元分子構造を用い…

  5. 合成ルートはどれだけ”良く”できるのか?分子構造からプロセス質量強度を予測する SMART-PMI

    概要医薬品をはじめとする有機分子の工業生産では、単に経済的につくるだけでなく、環境への影響に配慮…

  6. 【書籍】女性が科学の扉を開くとき:偏見と差別に対峙した六〇年 NSF(米国国立科学財団)長官を務めた科学者が語る

  7. ルイ・E. ・ブラス Louis E. Brus

  8. 第9回 野依フォーラム若手育成塾

  9. マニュエル・ヴァン・ゲメレン Manuel van Gemmeren

  10. bassler

    ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

  11. クオラムセンシング Quorum Sensing

  12. E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

  13. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

  14. Spin-component-scaled second-order Møller–Plesset perturbation theory (SCS-MP2)

  15. 第63回野依フォーラム例会「データ駆動型化学が拓く新たな世界」特別配信

  16. 重医薬品(重水素化医薬品、heavy drug)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 人と人との「結合」を「活性化」する
  2. 新規性喪失の例外規定とは?
  3. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
  4. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー
  5. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし
  6. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  7. 5配位ケイ素間の結合

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP