[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

ナカシマ

化学と英語に関心があります。

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)

    英語が苦手な研究者(30代)が、英語をマスターできるかやってみる企画物の7年目です。さて英語はマスターできたでしょうか?1年目、2年目、3年目、4年目、5年目、6年目の結果はこちら。科学とは関係ありませんのでご興味の無い方はスルーしてくださ…

  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)

    英語が苦手な研究者(30代)が、英語をマスターできるかやってみる企画物の6年目です。さて英語はマスタ…

  3. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)

    英語が苦手な研究者(30代)が、英語をマスターできるかやってみる企画物の5年目です。さて英語はマスタ…

  4. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想

    (さらに…)…

  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(4年目)

    英語が苦手な研究者(30代)が、英語をマスターできるかやってみる企画物の4年目です。さて英語はマスタ…

  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)

  7. 進撃のタイプウェル

  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)

  9. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑧:ネオジム磁石の巻

  10. 第10回次世代を担う有機化学シンポジウムに参加してきました

  11. 実験ノートの字について

  12. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)

  13. 口頭発表での緊張しない6つのヒント

  14. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化

  15. 孫悟飯のお仕事は?

  16. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  2. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員
  3. カンファー(camphor)
  4. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement
  5. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  6. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  7. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villiger酸化反応

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

PAGE TOP