[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

せきとも

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

  1. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

    またもや前回から日が開いてしまいました、訳者のサボりです、すみませんm(_ _)m。第23回は米オハイオ州、ボーリング・グリーン州立大学化学科のパヴェル・アンゼンバッカ-教授です。アンゼンバッカー教授は有機LED(OLED)や光センサーとい…

  2. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

    第22回はグラスゴー大学化学科のリー・クロニン教授です。クロニン教授は機能性分子および材料の設計とそ…

  3. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson

    久々の更新。間があいてしまって申し訳ござません。第21回目はミシガン大学アナーバー校、カレッジオブフ…

  4. HTML vs PDF ~化学者と電子書籍(ジャーナル)

    皆さんが日常的に論文を閲覧する際、PDFをブラウザ上に表示して(あるいはそれをプ…

  5. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller

    第19回はニューハンプシャー大学化学科、マテリアルサイエンスプログラムのGlen Miller教授で…

  6. 第18回 出版業務が天職 – Catherine Goodman

  7. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏

  8. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応

  9. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay

  10. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士

  11. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授

  12. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士

  13. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授

  14. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授

  15. メソポーラスシリカ(3)

  16. メソポーラスシリカ(2)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第56回「複合ナノ材料の新機能を時間分解分光で拓く」小林洋一 准教授
  2. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  3. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  4. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromatic Ring
  5. 2023年化学企業トップの年頭所感を読み解く
  6. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefination
  7. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP