[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授

第11回目はケンタッキー大学化学科のJohn Anthony教授です。Anthony教授はディスプレイや太陽電池への応用を目指した高機能有機半導体のデザインから合成、そして実際に組み立てた機器を用いての応用研究にまで取り組んでいます。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私はいつだって物を組み立てる作業に楽しみを感じています。そして、どのようにしたらその物が持つ特性を改良できるのか、あるいは複数の機能を上手く組み合わせられるのかをずっと考え続けているのです。扱うサイズがとても小さいという事を除けば、合成化学とはつまるところ「物を組み立てること」に他なりません。有機エレクトロニクスという分野はピコスケール(1pm=1.0 × 10-12m)の分子の組み立てと、マクロスケールのデバイス(電子機器)の組み立て、このどちらの楽しさも満喫できる実に素晴らしい分野です。初めにターゲットとなる分子を決定し、それを合成した後にデバイスを用いた実験をする、数週間に及ぶ一連の仕事へとアイデアを現実化していくプロセスには毎回興奮を覚えます。

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

それでもやはり、何物かをデザインしたり組み立てたりする職業を選んだでしょうね。私は根っからの職人なのです。すぐに思い浮かぶものなら建築家、大工、家具のデザイナーやそれを組み立てる職人。自信の手で何か美しく新しく便利な物を作れる職業であればどんなものでも良いです。

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

ざっと見渡したところでは、化学者とは己の知的好奇心の寄るところを貪欲に探求することで貢献するものに思えます。分子の挙動を理解するという基礎的なものから、製薬や機能性材料への応用を目指した化合物の合成まで、化学とはいつも幅広い研究の中心にあります。しかし私自信は、次の世代を育てることに重きを置くべきであると考えています。多くの優秀な学生たちと共に働けることは私にとっては大きな喜びです。そして本人らの熱意と好奇心こそが彼らを優秀な化学者として成長させていくのだと確信しています。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ぜひともアリエノール・ダキテーヌ(※訳者注:1122~1204。フランス王妃となり離婚後、イングランド王妃となる。ヨーロッパの祖母と呼ばれる人物。)とお話してみたいですね。私は常々イングランドの黎明期の歴史に魅力を感じているので。近代ヨーロッパの発展において、彼女は当時の人物としては欠かせない働きをした人物です。

Aliénor d'Aquitaine

Aliénor d’Aquitaine

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

先週、ヨードチオフェン化合物にペルフルオロアルキル鎖を付けるためのウルマン・カップリングをやりました。なかなか研究室で時間を使うことができないのですが、単純に学生たちとの信頼感を保つために、数週間に一度は反応を仕込むようにしています。

ar-ar-04

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

音楽となると、これは難題ですね。私の音楽の趣味はその時々にしていることによってずいぶん変わるので。例えば書物をしている時であれば、カラヤンが振っているベートベンの第四と第七をよく聞きます。研究室では、最近iPodに入れたToolのUndertowをよく聞いています。採点をする時なら、ブルースですね。Tom WaitsのReal Goneなど。それでもあえてアルバムを一枚選ぶなら、ピンクフロイドのWish You Were Hereです。本だったら、トールキンの本を。5年生のころから彼の本が大好きで、エンターテイメントとしてのみならず、文学の創造性を示す素晴らしい資料として学術的にも価値あるものと思います。

 

 

原文:Reactions – John Anthony
※このインタビューは2007年5月4日に公開されたものです。

The following two tabs change content below.
せきとも

せきとも

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  2. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーシ…
  3. インタビューリンクー時任・中村教授、野依理事長
  4. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  5. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―J…
  6. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― R…
  7. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授
  8. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  2. 日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング
  3. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  4. スピノシン Spinosyn
  5. 化学系学生のための企業合同説明会
  6. ケミカルジェネティクス chemical genetics
  7. 基礎有機化学討論会開催中
  8. クリックケミストリー / Click chemistry
  9. 最も引用された論文
  10. エステルをアルデヒドに変換する新手法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

PAGE TOP