[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士

[スポンサーリンク]

第13回目はDerek Lowe博士です。Lowe博士はいくつかの大手製薬会社で研究員として20年程、これまで統合失調症、アルツハイマー、糖尿病、骨粗しょう症などに対する薬の開発に従事してきました。また、Lowe博士はご自身の研究者としてのキャリアを生かし、創薬や製薬企業について豊富なコメントを公開(英文)しているブロガーとして知られています。
残念ながら未だ市場に送り出すことができた薬は無いそうですが(2007年5月原文インタビュー現在)、薬の研究開発に莫大な費用が掛かる理由の一端として、いかにそれが困難極まることなのか、これ以上の説明はいらないでしょう。

In the Pipeline

In the Pipeline

Q. あなたが化学者になった理由は?

小さい頃から科学が好きで、天体望遠鏡や顕微鏡、児童向け化学実験セットなんかをいじくりまわす男の子でした(妻は今でも私はそのままだと言うでしょう)。化学はちょうど生物(当時の私にはとても曖昧なものに思えました)と物理(同様に、堅っ苦しいなと)の間で私の感覚にフィットしたんです。ルールはある、でも堅苦し過ぎない。文学作品を読むことも随分小さい頃から大好きでしたが、図書館ならともかく実験室を家に作ることは大変ですからね。(訳者注:文学作品は学者でなくても読めるが、化学は化学者でないとできない、というロジック。)

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

それでも尚、なんらかの分野における研究者になりたいです。誰も知らない事を発見する、手を動かして実験をする、全ては自身のスキルと直感次第 ― そのような職業は他に思い浮かびません。学校の先生、作家、はたまた株式投資のポートフォリオをマネージメントする証券マン、私はこういった職業でも楽しむことはできますが、こうして化学者として過ごしている今程は楽しめないと思います。

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

他の科学者達と同じことです。最も不思議な最先端の事柄について、自らの能力を出しきって研究すること。具体的なトピックをあげつらうことはしません、これはそういうことではないのです。自身が感動できること、そして一見意味の無いような実験に時間や場所を費やせること。化学とは(そして一般に科学とは)何かを考えることも良い助けになると思います。ほとんどの人たちは(その言語が生まれて数世紀経ったって)その本当の意味を未だに知らないのですから。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

あーこれは厳しい。特にどこの王様も政治家も思い浮かびません。ニュートンは変人だったんですよね?もっと最近の人で挙げるなら、リチャード・ファインマン(物理学者)かピーター・メダワー(生物学者)ですかね。実際に会えるなら、フリーマン・ダイソン(物理学者)と会ってみたいですね、彼はまだご存命だ!もし現在の我々の価値観を伝えても良いのであれば、18世紀の自然哲学者と会うのも楽しそうですね。科学以外なら、ウラジミール・ナボコフ(作家)。ジェイムス・ジョイスなんかに会ったらきっと私に金をせびろうとするんじゃないでしょうか。(James Joyce:アイルランド出身の小説家、酒浸りで浪費癖があったらしい。)

Freeman John Dyson

Freeman John Dyson

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

これは簡単。会社が我々の研究所の閉鎖を発表した時、私は一目散にラボへ戻り、魅力的だったサイドプロジェクトの実験をし始めました。後にも先にもその時だけですね、皆が各々のオフィス用品なんかを梱包している間、私だけがサンプルを取り分けてバッファー(緩衝液)と混ぜていたのは。最後の実験はこの前の1月(2007年)で、翌日には私が使おうとしていた機器がしまい込まれてしまいました。(原文:the instrument I was needed was mothballed. mothballは防虫剤、モス(蛾)のボール。)次回の実験は(ただの希望ですが)私が次の仕事を始めたらすぐ、何をやるかは知りませんが。現場(実験室)には居続けたいです。

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

このテの質問にはきちんと答えられたことが無いんですよ!いま自分の肩越しに壁の本棚を眺めていますが…どうやってここから一冊を選べと?仕方がないので最も分厚い名作集でも持っていくしか無いですね。救命胴衣の二倍くらい厚いのですが、なんとか持っていけるでしょう。文学、詩、いくつかの数学や論理の問題集、どれも選べませんけど。音楽CDはいくらか選び易い。たぶんバッハの何か。でもどうしても一つだけ選ぶのなら、スティーリー・ダンが第一候補ですね。

原文:Reactions – Derek Lowe
※このインタビューは2007年5月18日に公開されたものです。

せきとも

せきとも

投稿者の記事一覧

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」St…
  2. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教…
  3. 第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発…
  4. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教…
  5. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bru…
  6. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  7. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Ga…
  8. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  2. 一重項分裂 singlet fission
  3. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  4. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  5. なぜあなたの研究は進まないのか?
  6. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  7. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士
  8. 産業界のニーズをいかにして感じとるか
  9. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  10. 有機光触媒を用いたポリマー合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

第305回のスポットライトリサーチは、東京薬科大学大学院 薬学研究科(松本・矢内研究室)・干川翔貴さ…

【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

2021/3/31に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。(↓kindle版…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP