[スポンサーリンク]

一般的な話題

Nature Chemistry:Research Highlight

化学領域の新たな最高峰ジャーナルとして期待が寄せられているNature Chemistry

刊行は2009年4月からとまだ先なのですが、現在、Webサイト上でResearch Highlightが毎週公開されているのは御存じでしょうか?

C&ENChemistry WorldSynfactsなどに加えて、選りすぐりの新着研究を仕入れるための情報源として有効活用できそうです。

(とはいえ、購読していない研究機関では、残念ながら閲覧出来ませんが・・・。)

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  2. ご注文は海外大学院ですか?〜出願編〜
  3. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術
  4. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  5. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  6. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~
  7. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタ…
  8. Swiss Government Excellence Scho…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アイルランドに行ってきた②
  2. 日本にノーベル賞が来る理由
  3. FAMSO
  4. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  5. 有機合成の進む道~先駆者たちのメッセージ~
  6. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  7. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  8. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  9. 不安定化合物ヒドロシランをうまくつくる方法
  10. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP