[スポンサーリンク]

一般的な話題

Nature Chemistry:Research Highlight

[スポンサーリンク]

化学領域の新たな最高峰ジャーナルとして期待が寄せられているNature Chemistry

刊行は2009年4月からとまだ先なのですが、現在、Webサイト上でResearch Highlightが毎週公開されているのは御存じでしょうか?

C&ENChemistry WorldSynfactsなどに加えて、選りすぐりの新着研究を仕入れるための情報源として有効活用できそうです。

(とはいえ、購読していない研究機関では、残念ながら閲覧出来ませんが・・・。)

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. レビュー多くてもよくね?
  2. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  3. 論文がリジェクトされる10の理由
  4. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  5. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そして…
  6. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞…
  7. 天然バナジウム化合物アマバジンの奇妙な冒険
  8. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学
  2. 核酸塩基は4つだけではない
  3. アルコール依存症患者の救世主現る?
  4. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”
  5. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  6. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  7. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を【更新版】
  8. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  9. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  10. 化学系面白サイトでちょっと一息つきましょう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)…

ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

アカデミックハラスメントやセクシャルハラスメントは、学業やキャリアの成功に悪影響を与えます。 どんな…

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP