[スポンサーリンク]

一般的な話題

Nature Chemistry:Research Highlight

[スポンサーリンク]

化学領域の新たな最高峰ジャーナルとして期待が寄せられているNature Chemistry

刊行は2009年4月からとまだ先なのですが、現在、Webサイト上でResearch Highlightが毎週公開されているのは御存じでしょうか?

C&ENChemistry WorldSynfactsなどに加えて、選りすぐりの新着研究を仕入れるための情報源として有効活用できそうです。

(とはいえ、購読していない研究機関では、残念ながら閲覧出来ませんが・・・。)

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  2. 官能基化オレフィンのクロスカップリング
  3. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう…
  4. ひどい論文を書く技術?
  5. スタニルリチウム調製の新手法
  6. 有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!…
  7. アメリカの大学院で受ける授業
  8. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「ドイツ大学論」 ~近代大学の根本思想とは~
  2. M.G.フィン M. G. Finn
  3. セレノフェン : Selenophene
  4. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxirane
  5. デンドリマー / dendrimer
  6. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表
  7. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  8. セミナーチャンネルを開設
  9. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian
  10. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP