[スポンサーリンク]

一般的な話題

Nature Chemistry:Research Highlight

化学領域の新たな最高峰ジャーナルとして期待が寄せられているNature Chemistry

刊行は2009年4月からとまだ先なのですが、現在、Webサイト上でResearch Highlightが毎週公開されているのは御存じでしょうか?

C&ENChemistry WorldSynfactsなどに加えて、選りすぐりの新着研究を仕入れるための情報源として有効活用できそうです。

(とはいえ、購読していない研究機関では、残念ながら閲覧出来ませんが・・・。)

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  2. 最近の金事情
  3. 小さなフッ素をどうつまむのか
  4. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械
  5. 3Mとはどんな会社?
  6. 産業紙閲覧のすゝめ
  7. 個性あるTOC その②
  8. SciFinderマイスター決定!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  2. 固体なのに動くシャトリング分子
  3. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  4. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  5. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  6. ケムステの記事が3650記事に到達!
  7. レッドブルから微量のコカインが検出される
  8. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  9. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  10. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP