[スポンサーリンク]

一般的な話題

Nature Chemistry:Research Highlight

化学領域の新たな最高峰ジャーナルとして期待が寄せられているNature Chemistry

刊行は2009年4月からとまだ先なのですが、現在、Webサイト上でResearch Highlightが毎週公開されているのは御存じでしょうか?

C&ENChemistry WorldSynfactsなどに加えて、選りすぐりの新着研究を仕入れるための情報源として有効活用できそうです。

(とはいえ、購読していない研究機関では、残念ながら閲覧出来ませんが・・・。)

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発
  2. メタンハイドレートの化学
  3. トリチウム水から完全無害な水素ガスを作り出す?
  4. 安全なジアゾ供与試薬
  5. bothの使い方
  6. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成…
  7. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  8. 同位体効果の解釈にはご注意を!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1,2-還元と1,4-還元
  2. バージェス試薬 Burgess Reagent
  3. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  4. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  5. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurization
  6. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  7. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  8. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合
  9. 日本にあってアメリカにないガラス器具
  10. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP