[スポンサーリンク]

一般的な話題

Nature Chemistry:Research Highlight

化学領域の新たな最高峰ジャーナルとして期待が寄せられているNature Chemistry

刊行は2009年4月からとまだ先なのですが、現在、Webサイト上でResearch Highlightが毎週公開されているのは御存じでしょうか?

C&ENChemistry WorldSynfactsなどに加えて、選りすぐりの新着研究を仕入れるための情報源として有効活用できそうです。

(とはいえ、購読していない研究機関では、残念ながら閲覧出来ませんが・・・。)

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  2. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」
  3. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に…
  4. メソポーラスシリカ(2)
  5. 博士課程学生の奨学金情報
  6. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  7. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?
  8. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ
  2. インドの化学ってどうよ
  3. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する
  4. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  5. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授
  6. アミール・ホベイダ Amir H. Hoveyda
  7. M.G.フィン M. G. Finn
  8. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  9. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  10. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP