[スポンサーリンク]

D

デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation

アルコール → アルデヒド・ケトン

概要

Dess-Martinペルヨージナン(DMP)を用いるアルコールの酸化。
反応は室温付近で速やかに進行し、第一級アルコールからアルデヒドを得ることができる。立体的に混みあったアルコール、ラセミ化しやすいα位に不斉中心を持つカルボニル化合物、あるいはα,β-不飽和アルデヒドの合成などにも適用可能であり、複雑な合成にも応用されている。

多くの酸・塩基に不安定な基質にも用いることができる。機構上二等量の酢酸が生じるが、これに対してすら不安定な化合物であっても、ピリジン等を緩衝剤として共存させれば適用できる。

基本文献

 

反応機構

ol-al-3.gif

反応例

下記の例を見ても分かるように、官能基受容性がきわめて高い試薬である。それゆえ、天然物合成において相当に多用される。水の添加が効果的な場合もある。
例[1] ol-al-5.gif
例[2] dess_martin_5.gif
Spongistatin2の合成[3] dess_martin_6.gif

実験手順

試薬は2-iodobenzoic acidから容易に調製できる。原論文の調製法[4]では再現性に問題があったが、触媒量のTsOHを加える改良法[5]により、この問題は解決された。IBXへの酸化では、Oxoneを用いる[6]ことで、比較的安全・簡便に実験を行える。
dess_martin_2.gif
反応後の後処理は非常に簡便で、反応混合物をエーテルで希釈後、aq.NaOHあるいはaq.NaHCO3/Na2SO3を加え抽出するか、直接シリカゲルカラムにより分離することが可能である。

 

実験のコツ・テクニック

ごく最近までその爆発性ゆえに市販は為されていなかったが、改良合成法の開発に伴い、販売が再開された。しかしながら比較的高価な試薬であり、大量に用いる場合には自前で調製する必要がある。後処理時の水をいかに除去するかによって活性が若干異なってくる。
Dess-Martin試薬および合成前駆体(IBX)はヨウ素のhypervalent化合物であることから危険が指摘されており、反応のスケール、取扱には相応の注意を払うべきである。

 

参考文献

[1] 大学院講義有機化学 II p.174
[2] ファルマシア 1996, 32(9)
[3] Smith, A. B., III et al. Angew. Chem. Int. Ed. 200140, 196. [abstract]
[4] (a) Dess, D.B.; Martin, J. C. J. Org. Chem. 198348, 4155. (b) idem. J. Am. Chem. Soc. 1991113, 7277. doi:10.1021/ja00019a027
(c) Stevenson, P. J.; Treacy, A. B. J. C. S. Perkin Trans. 2 1997, 589.
[5] Irekand, R.E.; Liu, L. J. Org . Chem. 199358, 2899. DOI: 10.1021/jo00062a040
[6] Frigerio, M.; Sntagostino, M.; Sputore, S. J. Org. Chem. 1999, 64, 4537. DOI: 10.1021/jo9824596

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Brid…
  2. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupli…
  3. オルトメタル化 Directed Ortho Metalatio…
  4. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effec…
  5. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…
  6. IBX酸化 IBX Oxidation
  7. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution…
  8. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 未来社会創造事業
  2. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation
  3. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  4. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  5. エレクトロクロミズム Electrochromism
  6. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム
  7. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  8. 日本語で得る学術情報 -CiNiiのご紹介-
  9. ピセン:Picene
  10. 不斉配位子

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP