[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

(-)-Cyanthiwigin Fの全合成

[スポンサーリンク]

The total synthesis of (-)-cyanthiwigin F by means of double catalytic enantioselective alkylation
Enquist, J. A.; Stoltz, B. M. Nature 2008, 453, 1228. doi:10.1038/nature07046

 

カリフォルニア工科大学Brian M. Stoltzらによる報告です。

このような三環性炭素骨格をもつ天然物には、興味深い生物活性を示すものが数多く存在します。Cyanthiwigin F自体も例に漏れず、その細胞毒性から抗ガン作用が期待されています。 このため、全合成の研究材料として近年多くの注目を集めています。

Stoltzらは、以下の鍵反応を巧みに用い、全合成を達成しています。

まず第一は、脱炭酸型不斉αーアルキル化反応。この反応は、立体混合物から単一の立体を持つ化合物へと収束する反応です。動的速度論的光学分割の一種ですが、彼らはこのような反応群を立体除去反応(Stereoablative Reaction)[1]と名付けています。Pd-PHOX触媒条件[2]を用い、構築困難な二つの四級炭素を完全な立体制御にて一段階で構築しています。

 

cyanthiwiginF_2.gif

 

続いて、連続的メタセシス反応。基質には三箇所オレフィンがあるのですが、基質の特性を上手く活用し、分子内反応(RCM)のみをまず起こし、引き続きビニルピナコールボランを加えて分子間反応(CM)を進行させています。これによってC環構築と官能基付与を同時に行っています。巧妙なルート設定の賜といえます。

cyanthiwiginF_3.gif

 最後に、ラジカル環化条件[3]に伏すことで、A環を構築しています。環化は完全なジアステレオ選択性で進むそうで、これまた縮環構造の特性を上手く活かした方法となっています。

cyanthiwiginF_4.gif

 

論文を通じてそこまで斬新なコンセプトが見いだせないため、Natureに掲載されている理由には正直言って疑問符がつきます。ただ、恐ろしいほどに無駄の無いルート設定で合成をしあげており、レベルの高い合成研究の一つであるのは確かと思われます。

 

関連文献

  1. 総説: Mohr, J. T.; Ebner, D. C.; Stoltz, B. M. Org. Biomol. Chem.  2007, 5, 3571. DOI: 10.1039/b711159m
  2. Behenna, D. C.; Stoltz, B. M. J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 15004.  DOI: 10.1021/ja044812x
  3. Yoshikai, K.; Hayama, T.; Nishimura, K.; Yamada, K.; Tomioka, K. J. Org. Chem. 2005, 70, 681. DOI: 10.1021/jo048275a

 

関連リンク

  • Stoltz Group カリフォルニア工科大学・ストルツ研究室のホームページ
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  2. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!
  3. ブラウザからの構造式検索で研究を加速しよう
  4. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  5. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  6. 銀を使ってリンをいれる
  7. Mestre NovaでNMRを解析してみよう
  8. ノーベル化学賞は化学者の手に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 永田試薬 Nagata Reagent
  2. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  3. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  4. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  5. 山本明夫 Akio Yamamoto
  6. 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  7. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  8. エルマンイミン Ellman’s Imine
  9. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その2
  10. ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP