[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

(-)-Cyanthiwigin Fの全合成

[スポンサーリンク]

The total synthesis of (-)-cyanthiwigin F by means of double catalytic enantioselective alkylation
Enquist, J. A.; Stoltz, B. M. Nature 2008, 453, 1228. doi:10.1038/nature07046

 

カリフォルニア工科大学Brian M. Stoltzらによる報告です。

このような三環性炭素骨格をもつ天然物には、興味深い生物活性を示すものが数多く存在します。Cyanthiwigin F自体も例に漏れず、その細胞毒性から抗ガン作用が期待されています。 このため、全合成の研究材料として近年多くの注目を集めています。

Stoltzらは、以下の鍵反応を巧みに用い、全合成を達成しています。

まず第一は、脱炭酸型不斉αーアルキル化反応。この反応は、立体混合物から単一の立体を持つ化合物へと収束する反応です。動的速度論的光学分割の一種ですが、彼らはこのような反応群を立体除去反応(Stereoablative Reaction)[1]と名付けています。Pd-PHOX触媒条件[2]を用い、構築困難な二つの四級炭素を完全な立体制御にて一段階で構築しています。

 

cyanthiwiginF_2.gif

 

続いて、連続的メタセシス反応。基質には三箇所オレフィンがあるのですが、基質の特性を上手く活用し、分子内反応(RCM)のみをまず起こし、引き続きビニルピナコールボランを加えて分子間反応(CM)を進行させています。これによってC環構築と官能基付与を同時に行っています。巧妙なルート設定の賜といえます。

cyanthiwiginF_3.gif

 最後に、ラジカル環化条件[3]に伏すことで、A環を構築しています。環化は完全なジアステレオ選択性で進むそうで、これまた縮環構造の特性を上手く活かした方法となっています。

cyanthiwiginF_4.gif

 

論文を通じてそこまで斬新なコンセプトが見いだせないため、Natureに掲載されている理由には正直言って疑問符がつきます。ただ、恐ろしいほどに無駄の無いルート設定で合成をしあげており、レベルの高い合成研究の一つであるのは確かと思われます。

 

関連文献

  1. 総説: Mohr, J. T.; Ebner, D. C.; Stoltz, B. M. Org. Biomol. Chem.  2007, 5, 3571. DOI: 10.1039/b711159m
  2. Behenna, D. C.; Stoltz, B. M. J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 15004.  DOI: 10.1021/ja044812x
  3. Yoshikai, K.; Hayama, T.; Nishimura, K.; Yamada, K.; Tomioka, K. J. Org. Chem. 2005, 70, 681. DOI: 10.1021/jo048275a

 

関連リンク

  • Stoltz Group カリフォルニア工科大学・ストルツ研究室のホームページ
cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. MIDAボロネートを活用した(-)-ペリジニンの全合成
  2. それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年
  3. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  4. 第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催しま…
  5. 抗生物質の話
  6. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する
  7. 孫悟飯のお仕事は?
  8. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中村 修二 Shuji Nakamura
  2. 2012年イグノーベル賞発表!
  3. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授
  4. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebook
  5. アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!
  6. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する
  7. タミフルの新規合成法・その4
  8. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  9. NaHの水素原子の酸化数は?
  10. 2016年9月の注目化学書籍

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP