[スポンサーリンク]

一般的な話題

薬物耐性菌を学ぶーChemical Times特集より

[スポンサーリンク]

 

薬物耐性菌。ニュースなどで一度は聞いたことがあり、ケムステの読者ならばご存知であると思います。

今回は化学情報誌「ケミカルタイムズ」の特集から、薬物耐性菌について紹介したいと思います。まずは、ケミカルタイムズとはなんぞや?というところから。

 

ケミカルタイムズとは

ケミカルタイムズ(Chemical Times)とは試薬メーカー関東化学が年4回発行している化学情報雑誌です。65年以上前の1950年に発行され、本年2016年No.1号で通算239号。様々な化学情報を配信しています。

本年からデザインおよび内容がリニューアルされ、毎号ある化学に関するテーマで特集を組むことになったそうです。詳しくは巻頭言をご覧いただければわかると思いますが、今後は「カップリング反応」(240号)、「再生医療」(241号)、「標準物質」(242号)というテーマの特集を組むとのこと。

2016-01-08_21-37-27

旧デザインと新デザイン

さて、この度関東化学にお願いをしまして、このケミカルタイムズの内容を一部引用させていただきながら、特集を紹介していくことにしました。では早速、今回の特集は上述したように「薬物耐性菌」となり、4つの記事が紹介されています。

 

薬物耐性菌の基礎知識

薬物耐性菌とは、薬、主に抗菌薬(抗生物質)に耐性を獲得した菌のことをいいます。近年ではMRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)耐性菌が最も有名であると思います。

それよりもっとも昔から知られているのはβ-ラクタマーゼ産生菌。β-ラクタム系(ペニシリン系及びセファロスポリン系)抗菌薬を加水分解することによって不活化してしまうものです。近年、より分解しにくいβ-ラクタム系の抗生物質が開発されてきましたが、それらも分解してしまう、基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL:Extended Spectrum β-Lactamases産生菌が出現しています。また、カルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌(CPE)は高度な耐性を有し、治療がかなり困難であること、世界的に大流行をみせていることから大問題になっています。

グラム陰性菌には外膜と内幕が存在し、これらに挟まれた部分はペリプラズムと呼ばれる空間を形成しています。グラム陰性菌にとって、外膜は自身に抗菌薬が流れ込む際の最初の防御壁となるわけです。

外膜には、様々なタンパクから流れるポーリンよばれるチャネルが存在し、これによって薬剤が菌体内へ流入します。βーラクタム薬が環境中に存在する場合、βーラクタム薬は菌体表面のポーリンによって形成された親水性チャネルによって外膜を通過し、菌体内部に取り込まれます。このようにして菌体内に取り込まれたβーラクタム薬はペリプラズム内部において、PBPs(penicillin-binding proteins)と結合し、ペプチドグリカン合成を阻害することで菌体に作用します。

このような一連の流れに基づき、βーラクタム薬に対する耐性機序は次のように分類できます。

  1. β−ラクタム薬を加水分解することができる酵素がペリプラズム内に分泌される。
  2. 外膜に存在するポーリン孔の変化または消失により外膜の浸透性が低下し、β-ラクタム薬の流入量が減少する
  3. 排出ポンプにより、β-ラクタム薬が排出される

2016-01-09_16-04-27

記事では、このβ-ラクタマーゼ産生菌およびCPEについて、広島大学院内院内感染症プロジェクト研究センターの研究者らは医学的・生物学的見地からの基礎知識を紹介しています。記事はこちら

 

臨床検査室が実施すべき検査法

別の記事では、三重大学医学部附属病院 および三重県立総合医療の臨床検査技師が、臨床検査室の技師の立場から、薬剤体制菌検出のために実施すべき検査法について紹介しています。化学者には聞き慣れないものばかりですが、スクリーニングや確認試験などの手法について紹介しており、なかなか貴重な情報です。

 

2016-02-07_14-09-13

 

感染症検査最前線

また、最新の感染症検査機器についても紹介されています。感染症検査における「三大技術革新」である、自動同定・感受性機器、遺伝子解析技術、そして質量分析法に加えて、光散乱法や蛍光分光法に関する機器類と検査法について説明しています。記事はこちら

2016-01-09_16-05-21

次世代型の遺伝子検査システム

臨床検査技師に求められる感染制御活動

最後の記事は臨床検査技師の感染症制御活動について。亀田メディカルセンターに所属する臨床検査管理部の部長が医療現場の薬剤耐性菌に対する活動を紹介しています。

2016-01-09_16-07-31

亀田メディカルセンター

 

ケミカルタイムズを読んでみてはいかが

今回の記事は、かなり化学から離れたものが多く、正直いって難解なものが多くありました。化学的な見地から言えば、薬剤耐性菌に関しても作用機序や薬の働きなどしか学びませんが、検査法や分析機器、現場の対応など知っておくと良い情報もあると思います。というわけで、時間のあるときにでもケミカルタイムズを読んでみてはいかがでしょうか。

過去のケミカルタイムズ記事

外部リンク

本記事は関東化学「Chemical Times」の記事を関東化学の許可を得て一部引用して作成しています。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  2. アルミニウムで水素分子を活性化する
  3. 株式会社ナード研究所ってどんな会社?
  4. 世界が終わる日までビスマス
  5. マタタビの有効成分のはなし【更新】
  6. 「温故知新」で医薬品開発
  7. CIPイノベーション共創プログラム「世界に躍進する創薬・バイオベ…
  8. 白金イオンを半導体ナノ結晶の内外に選択的に配置した触媒の合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  2. 星本 陽一 Yoichi Hoshimoto
  3. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  4. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  5. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew Weller教授
  6. 【11月開催】第3回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-シリコン、シリコーン硬化触媒としての利用-
  7. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  8. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  9. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位
  10. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2016年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP