[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 比色法の化学(前編)

    比色法を知っていますか?試薬等を用いてサンプルを発色させ、その発色度合いから濃度等を測定する方法です。この比色法は食品化学、環境分析、生化学など多くの分野において大活躍している方法です。このトピックでは比色法が具体的にどの分…

  2. 炭素ー炭素結合を切る触媒

    炭素-炭素結合生成反応は、有機化合物を "組み立てる" ために最重要たる反応であり、そのため古くから…

  3. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

    日本では終息に向かっているインフルエンザ。とはいえ鳥インフルエンザは、今なお世界中で感染例が相次いで…

  4. 共役はなぜ起こる?

    tanukiのペンネームで有機化学現象に関する量子化学での研究結果をできるだけわかりやすい形で紹介さ…

  5. もっとも単純な触媒「プロリン」

    プロリン(proline)という化合物があります。タンパク質などを構成する 天然型α-アミノ…

  6. 本当の天然物はどれ?

  7. ノルゾアンタミンの全合成

  8. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  9. 生合成を模倣した有機合成

  10. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  11. ハメット則

  12. 有機の王冠

  13. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  14. 1,2-還元と1,4-還元

  15. 学会風景2001

  16. 香りの化学2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  2. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  3. モッシャー法 Mosher Method
  4. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  5. 「オプジーボ」の特許とおカネ
  6. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  7. 日本にあってアメリカにないガラス器具

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

PAGE TOP