[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 比色法の化学(後編)

    今回は後編ということで、食品化学の分野で用いられる比色法について紹介しようと思います。といっても、食品化学に用いられる比色法は多種多様なので、今回はそのうちの一つである亜硝酸ナトリウム(NaNO2)の測定について説明しましょう。&n…

  2. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ

    薬物のプロドラッグ化により、薬物吸収性の改善・特定部位への標的化(副作用の軽減)・作用の持続化などが…

  3. プロドラッグの話

    私たちが快適かつ健康な生活を営むために必要なものは勿論沢山ありますが、医薬品はその中でも最重要なもの…

  4. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

    有機合成化学の分野では、無数の触媒反応が報告されています。しかし触媒量の範囲はというと、結構あいまい…

  5. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何ら…

  6. IRの基礎知識

  7. 比色法の化学(前編)

  8. 炭素ー炭素結合を切る触媒

  9. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

  10. 共役はなぜ起こる?

  11. もっとも単純な触媒「プロリン」

  12. 本当の天然物はどれ?

  13. ノルゾアンタミンの全合成

  14. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  15. 生合成を模倣した有機合成

  16. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 専門用語(科学英単語)の発音
  2. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  3. 第155回―「化学結合と反応性を理論化学で理解する」Sason Shaik教授
  4. 有機合成のための触媒反応103
  5. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  6. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  7. Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP