[スポンサーリンク]

ケムステニュース

茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に

文化勲章?政府は28日、2005年度の文化勲章受章者5人と文化功労者15人を発表した。 (引用:読売新聞)(写真:日本の勲章・褒章(賞勲局))

文化の日も近づき、今年も文化勲章、文化功労者の発表がありました。森光子さんや長嶋茂雄元巨人監督が受章したということですが、ここは化学のブログのため化学系の受賞者に注目してみましょう。

?

今年は化学分野での文化勲章受章者はなく、文化功労者はナノ物質化学の茅幸二(69)、 生物有機化学の鈴木昭憲(70)、 物理化学の田中郁三(79)の3氏が選ばれました。この方達を通常のニュースよりももう少し詳しく説明しましょう。

ちなみに、最近の化学関連の文化勲章受章者は、向山アルドール反応の向山光昭氏、また白川秀樹、野依良治、田中耕一氏のノーベル化学賞受賞者です。

?

茅幸二(ナノ物質化学

2成分の金属、半導体、また有機物と金属の有機金属クラスターを形成させるというクラスター化学を先駆的に研究。例えば、ベンゼンとバナジウムVからなる有機金属クラスターは金属のd電子が
ベンゼンを介して1次元的に非局在化することで多層のサンドウィッチ構造をとることを発見しました。

関連書籍

量子力学との出会い

元素の周期表がどのようにして並べられているのか、さまざまな物質の違いは何によるものなのかなどについて、実験を交えながら解説する。


新しいクラスターの科学―ナノサイエンスの基礎

ナノテクノロジーの重要テーマを詳しく解説。大きく発展しつつあるクラスターの合成、物理、理論計算などを第一人者が大学院生以上を対象にわかりやすく解説した初の成書。物理、化学、材料の研究者向け。


関連リンク

ナノネットインタビュー: 有機金属多層サンドイッチクラスターの発見




鈴木昭憲(生物有機化学)

昆虫の変態現象に関するホルモン(前胸腺刺激ホルモン)の発見など。

昆虫が脱皮する際にエクダイソンという脱皮ホルモンを分泌しますが、それをコントロールするホルモンが前胸腺刺激ホルモンです。

関連書籍

農芸化学の事典

?

関連リンク

鈴木 昭憲

サイエンス講座:昆虫生理学


?田中郁三 (光化学)

光化学専門。光源としてレーザーを用い、光化学の発展に寄与。

関連書籍

分子と結合―化学結合解説

関連リンク

有識者からのメッセ-ジ – 田中 郁三 先生

田中 郁三(たなか いくぞう)氏略歴

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Bl…
  2. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付…
  3. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ
  4. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見
  5. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  6. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  7. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  8. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」
  2. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement
  3. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  4. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  5. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  6. ~祭りの後に~ アゴラ企画:有機合成化学カードゲーム【遊機王】
  7. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  8. 固体なのに動くシャトリング分子
  9. 深共晶溶媒 Deep Eutectic Solvent
  10. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

PAGE TOP